【@type】スカウトとオファーDMの違い

転職サイトの@typeには、2種類のスカウトサービスがあります。その違いについて解説します!

w800_scout-01@typeのスカウトサービスには、「スカウト」と「オファーDM」の2種類があります。

それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

スカウト

求職者のスキル・経験を匿名で公開することで、経歴に興味を持った企業の人事担当者から直接スカウトメールが届くサービス。

オファーDM

登録したスキル・経験などと、企業側が求めているスキル・経験などがマッチングした際にメールが届くサービス。単なる希望条件の機械的なマッチングではないようですが、具体的にどんなロジックでマッチングしているのかは分かりません。

こちらの記事でも書きましたが、@typeでは4種類のマッチングサービスを提供しているので、そこで得られたデータなどを活用しているのではないかと思われます。

使ってみた感想

よくあるスカウトサービスといった感じです。オープンDMは単なる希望条件のマッチングではない、と言いつつも、その精度が高いのかどうかは正直よく分かりませんでした^^;

でも、だからといって不満を感じることもなく、自分で検索するだけでは見つけられない求人も見つけられるというメリットがあります。

他の転職サイトのスカウト機能との違い

例えばリクナビNEXTのスカウトサービスの場合、プライベートオファーになると書類選考がパスされ面接から開始できるのですが、@typeはスカウトの場合でも書類選考がパスされるとは限りません。

ただ、匿名とは言え一度相手企業の人事担当が登録情報を確認しているので、書類選考の通過率は高いと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加