【@type】4つのマッチングサービスとは?

@typeには4種類のマッチングサービスがあります。それぞれどんなサービスなのか、詳しく解説していきます!

w800_maching-01

一般的に、転職サイトで求人を探すには

①自分で検索条件を入力して検索する
②スカウトメールサービスを利用して、スカウトが来るのを待つ

という2つのパターンがあります。

これに加え、@typeでは求職者側の希望条件と企業側の希望条件が合致する求人情報を教えてくれるマッチングサービスを提供しています。

例えば「年収400万以上で、WEB系開発エンジニア」といった条件を登録しておくと、その条件に合致した求人情報だけがセレクトされるというものです。

これだけ書くと大したことなさ気なんですが、@typeには次のような4種類の軸でマッチングする求人を探してくるので、より色んな角度から自分に合った求人を探すことができるんです。

  • スキルマッチング
  • 希望条件マッチング
  • パーソナリティマッチング
  • 足あとマッチング

それぞれ詳しく解説していきますね!

スキルマッチング

これまでの「経験・スキル」に合った求人が分かります。一番オーソドックスなマッチングで、同業界同業種での転職を考えているなら希望の求人を見つけやすいでしょう。
しかも、どのくらいスキルがマッチしているかをパーセンテージで表示していのでひと目でマッチング度合いが分かります。

実際に使ってみた感想は?

マッチング度は高いです。たまにマッチング度94%なのに、引越し屋さんの支店長候補の求人とかが混ざっていたりしますが(バク転は元システムエンジニアです^^;)、これまで培った経験に沿った求人がセレクトされていました。

どうやらこれは、企業側が「未経験歓迎」に条件設定している場合などが該当するようです。

逆に、該当する件数が多過ぎるので、合致した求人をさらに絞り込み条件を使って絞り込まないと全部見切れません。

希望条件マッチング

@typeの登録情報で登録した「希望条件」に合った求人が分かります。キャリアチェンジしたい場合などはこちらのマッチングのほうが有益でしょう。
検索条件を保存して、その条件に合致したものがセレクトされるというイメージです。

実際に使ってみた感想は?

毎回検索条件を入力しないで済むので楽ですね。ヒットした求人をさらに絞り込めるので、より希望に合った求人だけを探せます。

パーソナリティマッチング

「性格・志向」に合った求人が分かります。

@typeでは、登録情報の項目の中に次のようなパーソナルシートというものがあります。

w800_maching-02パーソナルシートでは、会社の環境や雰囲気や自分の行動スタイルなどを登録します。すると、その内容にそった求人がセレクトされます。

マッチング度合いは次の3種類の指標がそれぞれどのくらいマッチしているかが5段階で表示されます。
・環境・雰囲気
・志向
・仕事スタイル

実際に使ってみた感想は?

正直、どのパラメータに合致した求人なのかは分かりにくいのですが、それでもいくつかは興味の引く求人が見つかります。

ただ、全然希望していない業種もヒットしてくるので、スキルマッチングと同様、合致した求人を更に絞り込んだほうが使いやすいです。

足あとマッチング

これは、@type内で閲覧したり応募したりした求人情報を元に、求職者の傾向を分析してマッチした求人を教えてくれます。

アマゾンなどのレコメンド機能をイメージすると分かりやすいです。「この求人を見た人は、こんな求人も見ています」みたいな。

実際に使ってみた感想は?

使えば使うほど精度が上がってくるようなので、バク転が試した時点では有益さを実感するまでには至りませんでした。

でも、新しい切り口で求人を紹介してくれるので、転職サイトの求人特集コーナーなどにある万人向けのものとかに比べると、より自分の希望に近い求人が探せそうです。

マッチングサービスを利用するには?

@typeの会員登録(無料)することで利用できます。

@typeはユニークなマッチングサービスを提供しているほか、転職エージェントも運営しています。こちらは口コミでも評判の高いエージェントなので、エージェントも活用して早く転職したい!という人は一緒に登録してみるとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加