あなたはなぜ、転職したいのか?

「こんな会社、ブラック過ぎてもう辞めたい!」、「今よりもっとキャリアアップしたい!」など、転職の動機は人それぞれだと思います。ただ、誰の場合でも共通して言えるのは、
「現状に不満があるから、何らかの方法で解決したい」
という欲求ではないでしょうか。ここではその欲求について掘り下げていきます。

なぜ、転職したいのか?
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

社会人を何年も続けていると、こんな会社もう辞めたい!って思うことありますよね。しかも1度や2度ではなく。。。サービス残業は多いし上司は使えないし、お客は無理難題ばっかり言うし、その上給料も上がる見込みなし。

こんな現状では将来が不安だし自分の成長にもつながらないから、いっそのこと転職でもしようか、と考えるのはある意味自然な成り行きだと思います。

それでもなかなか踏み込めないでいるのは、やっぱり転職が成功するのか分からないし、そもそも転職という選択が正しいのかに自信が持てないからではないでしょうか。

もし、転職したいと思ってるけどまだ迷っているのなら、ちょっと立ち止まって「本当に転職したほうがよいのか?」をバク転と一緒にじっくり考えてみましょう。

転職はとてもエネルギーがいるものです。一度決意したら迷わず全力で突き進むべきですが、検討は慎重に行ったほうがいいです。

ネガティブな理由だと転職は失敗するというけれど

単なる現状への不平不満が理由の転職は失敗すると言われています。

運良く内定をもらえて次の会社へ入社しても、そこでまた嫌なことが起きるとすぐまた別の会社への転職を考えてしまう、いわゆる転職癖がついてしまいます。

面接官もそれを一番気にしていて、この人を雇ってもまたすぐ辞められやしないかと考えています。また、不平不満を言われても、それがどこの会社でも起こりうる話なら、「堪え性のない人なんだな」と思われるだけです。

でも、ここは面接会場ではありません。いったん本音で考えてみましょう!

そもそも転職を考えるキッカケは、ネガティブな理由以外にあり得ないとバク転は思っています。

面接の場面で答えるような、キャリアアップしたくて、とか御社の事業内容に惹かれて、とかいったポジティブな理由は後付でしかありません。

今いる会社に不満がなければ、そこでキャリアアップしていけばいいし、業績アップに貢献して自分の評価を高めていけばいいのです。

でも、そうできない何らかの障壁があるからこそ、転職を思い立ったのではないでしょうか。

なので、本当の動機(というか転職を考えた最初のキッカケ)がネガティブなものでも全然気にすることはないです。

大事なことは、その不満エネルギーをどうポジティブに転換するかです。

例えば、「給料が低くてやってられない!」という不満が理由の場合、本来は上昇志向で成長していきたい(その結果として給料アップしていきたい)という意欲があるのに、現在の会社ではこれこれの理由で給料が上がらないため、転職に踏み切った、というように転換できれば、それはネガティブな理由ではなくポジティブな理由になります。

同じことでも捉え方を変えることで、ポジティブな理由になるんです。

現状に満足している人はそもそも転職なんて考えない

今の職場に満足している人は、当たり前ですがそもそも転職しようなんて気は起きません。

そのタイプは大きく2種類に分類できます。

①今の仕事が充実していて、かつ自分が目指している方向性と合致している
②変化を嫌い、現状維持で十分と思っている

1つ目のタイプは、その会社側も自分も相思相愛の、いわば理想の形ですね。

ここで自覚すべきは、転職を考えているあなたはそうなれなかった(あるいは現時点ではそうなっていない)という事実をしっかりと受け止めることです。それは会社が悪いのでもあなたが悪いのでもなく、相性が悪かったということです。もしくは一時的にズレが生じているということです。

さて問題なのは、2つ目のタイプですね。どこの会社でも、こういうタイプの人はたくさんいます。会社での仕事内容にも慣れ、人間関係も不満はない。将来どうなりたいとかはないけど現状に不満はないからこのままでいいやと思っているタイプです。

こういう人は、今はいいかもしれませんが、数年後はどうなっているか分かりません。無為に数年を過ごしてしまった結果、会社から評価されなくなって給料も上がらなくなったり、最悪会社の業績が傾いてリストラ、なんてことになったら途方にくれてしまうタイプです。

もしかしたら、うっすらそういう可能性を考えてはいるけれど、ぬるま湯につかっているのが心地よくて行動に移せないでいるのかもしれません。

転職しようか迷っているあなたは、少なくてもこういうタイプではないはずです。現状を何とか改善したいという気持ちがあるからこそ、転職を検討していることでしょう。

どこの会社でも、成長意欲に溢れ積極的に行動を起こせる人材を欲しがるものです。

現状に甘んじて何も行動を起こせないでいる人よりも、きちんと考えた上で行動したのなら、その決断を評価してくれる会社は必ずあるはずです。

大切なことは、不満をどうやって解決するかということ

転職すべきかを考えていくにあたって大事なことは、現在感じている不満と向き合うことです。

そのためにはまず、不満の内容を全て洗い出す必要があります。そして1つずつ、その不満が本当に今の会社で解決できないのか、転職することで解決できるのか?を検討していく必要があります。

次のページでは、他の人はどんな理由で転職したいと考えているのかをまとめています。自身の理由と照らし合わせてみましょう!

「【11サイト網羅】気になる!みんなの転職理由まとめ」へ進む

このエントリーをはてなブックマークに追加