転職活動で自己分析が必要な3つの理由

転職活動において、自己分析はその成否を分ける重要なカギを握っています。この記事では自己分析がなぜ必要なのか?具体的にどんなことをやっていくのか?その全体像を見ていきます!

自己分析が必要な理由
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

あなたは自己分析、好きですか?面倒くさいと感じる人もいれば、逆にハマり過ぎちゃってずっと必要以上に自分探しの旅を続けているような人もいると思います。ちなみにバク転はやや後者気味です^^;

転職活動は、自己分析が十分にできているかどうかによって成功が左右されます。

例えば今、次のようなことを感じているのであれば、それは自己分析が足りていません。

  • 今の仕事は辞めたいというのはハッキリしているけど、次に何をやりたいか今いちぼんやりしている。
  • 転職理由をうまく説明できない。
  • 自己PRを書くのが苦手。
  • 自分の売りとなる部分が自分でも分からない。

転職とは、”自分”という商品を一番条件がマッチしたところに売り込む商取引です。営業マンが自社の商品知識に乏しかったら心許ないのと同じように、自分自身を知り尽くすことが肝心なのです。

さてそれでは、転職活動における自己分析とはどのようなものかを一緒に見ていきましょう。

なぜ、自己分析が必要なのか?

自己分析が必要な理由は3つあります。

理由その1:求人を探すときに見極めやすくなる

自己分析をすることで、自分はどんな仕事をしたいのかがより明確に分かるようになります。そのため、求人情報を検索している時にもより希望に合った仕事を見つけやすくなります。

エージェントを活用している場合も同様に、自分の希望を具体的に伝えられるので精度の高い求人情報を紹介してくれる確率が高くなります。

理由その2:書類作成時の基礎データになる

おそらくほとんどの人が、複数の企業へ応募することになると思います。その時の基礎データとして自己分析の内容が活かされます。

自己分析がしっかりとできていて自分の軸が明確になっていれば、応募する企業ごとに書く内容をアレンジする時にも応用が効きやすいと思います。

理由その3:面接時に自信を持って受け答えができる

面接というのはお互いを知るための場であって、試験ではありません。そのためどこかに正解があって、それを間違いなく答えられたら合格、という場ではないということを意識しておきましょう。

転職関連本を読んで想定問答集を覚えるよりも、よっぽど自己分析をしっかりやったほうが効果がありますし、想定外のことを聞かれてもブレることなく回答できると思います。

そもそも普段人と会話する時に、予め何を話すかなんて全部予想してますか?していないですよね?それでもちゃんとコミュニケーション取れているはずです。

具体的に何をするのか?

では具体的に自己分析では何をしていけばよいのでしょうか?大まかに分けると自己分析では、次の3つの事柄を明らかにしていきます。

1.転職理由

転職理由というのは、さらに分けると次の2つになります。

  • 退職理由・・・今の会社を辞めたいと思ったキッカケ
  • 志望動機・・・(他の会社ではなく、)その会社に応募した理由

あなたはなぜ今の会社を辞めようと思ったのか?(辞めたのか?)、なぜ転職で解決可能だと考えたのか?そしてなぜその会社に応募したのか?を整理しておきましょう。

志望動機については、応募する企業ごとにアレンジしましょう。

2.これまで培った経験

あなたが即戦力になりそうかの判断材料になる部分です。

成功した経験と失敗した経験の具体的なエピソードがあるといいでしょう。そしてそれぞれその経験から何を学びとったことが重要で、さらにその学んだことを次にどう活かしたかまで洗い出せるとよりよいでしょう。

3.転職後やりたいと考えていること

転職理由がキャリアアップしたいからなのであれば、比較的考えやすいと思います。

給料が安いとか会社の先行きが不安、といった理由の場合は少しひねりが必要です。自分がその会社に入った後のことを想像してみて、これまで培った経験をどう活かせるかを考えてみるとよいと思います。

その他

以上が自己分析で明らかにすべき項目です。まずはこの3つが中心軸になります。

余裕があれば以下の項目についても書き出してみましょう。その際注意すべき点は、内容が全て上の3点と矛盾しないようになっていることです。

  • 長所
  • 短所
  • 好きな言葉
  • 人生観、仕事観
  • 趣味、特技

自己分析は一日二日でできるようなものではないので、根気よくやっていましょう。ここでしっかり分析できていると、今後の活動も主体的に進められるようになるので、頑張りましょう!

次の記事では、自己分析の中で比較的取りかかりやすいとバク転が感じている作業について解説します!なかなか思うように手が動かない、という人は参考にしてみてください。

「これまでの経験の棚卸しをしよう」へ進む

このエントリーをはてなブックマークに追加