エンジニアこそ、エージェントを活用しよう

転職活動をするにあたって、エージェントを利用するのが当たり前になってきました。特にエンジニアの人こそ、そのメリットは大きいと感じています。

エンジニアこそ、エージェント活用を
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

バク転は元々システムエンジニアをしていました。システムエンジニアのような技術職の人間にとって、転職活動の面接や相手企業との日程調整って結構気が重くないですか・・・??

バク転は、こんなサイトを立ち上げ転職について偉そうに語っちゃってますが(汗)、面接では緊張でどもりまくるし、電話もあまり得意ではありません。

ってかそもそも人と話すのがそんなに得意ではありません。。。

30代になってからは、お客さんと要件の調整や進捗報告をするようになったので多少はマシにはなりましたが、20代のころは特に苦手でした。

20代のころはプログラミングやテストが主な仕事で、会話も社内の気心の知れた相手とだけだったんで何とかなっていました。そして3年ほど経ってから転職しようと思い立ったのですが、その頃にはビジネスマナーもすっかり忘れてしまっていました。

電話の受け答えの仕方や、お辞儀の仕方、相手企業と面接の日程調整など、普段からお客さんと接している仕事をしている人なら苦ではない作業でも、案外苦痛に感じてしまうものです。

そんな状態だったので、転職エージェントはとても役に立ちました。当時利用したのはリクルートエージェントとインテリジェンス(現DODA)です。

担当のCAのはまだ若い人でしたが、転職活動の仕方を手取り足取り教えてくれたし、面接のアポ取りもちゃんとしてくれてました。在職中に転職活動行う身として、これはありがたいなぁと素直に関心したのを覚えています。

エージェント任せにし過ぎるのは問題ですが、自分に足りない部分をサポートしてくれる存在として、転職活動するならエージェントを積極的に使っていったほうが断然有益です。

関連記事一覧

第1回:転職エージェント(人材紹介会社)とは?
第2回:転職エージェントを使い倒せ!10個のメリットまとめ
第3回:転職エージェントを使い倒せ!6個のデメリットまとめ
第4回:エンジニアこそ、エージェントを活用しよう ←この記事
第5回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(最悪編)
第6回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(良かった編)
第7回:転職エージェントを使い倒せ!5つの活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加