カラ求人とは?ハローワーク求人情報の実態

ハローワークの求人で、割りと有名な噂として「カラ求人」というものがあります。

果たしてカラ求人とはいったい何なのかを解説します。

カラ求人とは、雇用する気もないのに企業がハローワークに求人を掲載する行為です。

なぜ企業がカラ求人を載せるのかというと、
ハローワークから頼まれ、募集予定もないのに求人を出している
というのが一番の有力な理由です。

ハローワーク職員の人たちは、求人を取ってくるのが仕事なので、
募集予定がなくても求人案件を取ってきたという実績が欲しいということみたいです。

これは結構よく聞く話なので、本当なんだと思われます。

ダイヤモンド・オンラインというニュースサイトのある特集記事で、
カラ求人について次のような記載がありました。

「ハローワークの中に求人開拓員という人がいて、開拓はしているそうなんです。地元の企業を回って“無料だから出してください”って。まったく採用する気がないのに、融資や助成金目的で出す場合もあるそうですし、単に、有力者に頼まれたから仕方なく出すということも結構あるようです。よほどいい人材が来れば採用するけど、あまりそういう人はいない。だから、1ヵ月ごとに求人が更新され続けるという、ずっと開店休業のような状態なんです」

やっぱり民間サービスのほうがよい?

こう言っちゃうとハローワークの人に怒られるかもしれませんが、
ハローワークは失業保険の受給するためだけに利用して、
求人探しは転職サイトや転職エージェント経由で見つけたほうがよさそうです。

民間の場合、求人広告を掲載するにはお金がかかります。
そのため採用するつもりもないのにわざわざお金を払ってまで求人広告を出す、
なんてことはまずないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加