SEの転職パターン

SE(システムエンジニア)と一言で言っても、担当する工程は会社によって多種多様ですし、
求められるスキルも異なります。

そこで、SEの人にとって、どんな転職先が考えられるのか解説します。

SEという職種は定義があいまい

SEという職種は、明確な定義がありません。
そのため「システム開発に携わる人」をひっくるめてSEとみなされます。

なので、
純粋にプログラミングだけしている人も、
開発現場のリーダーをしている人も、
進捗管理や顧客折衝などをしている人も、
保守運用フェーズを担当している人も、
みんな肩書はSEだったりします。

転職活動を行う際にはどんな仕事をするSEなのか、
他の職種以上にしっかりと見極めることが大切です。

ここでは、SEの人が転職する場合でよくあるパターンをいくつかご紹介します。

まず、大別すると次の4パターンが考えられます。

  • 担当する工程の幅を広げる、変えるパターン
  • 別業界のシステム開発へ行くパターン
  • 受託開発から自社サービス開発へ行くパターン
  • 顧客側へ行くパターン

なお、SEから異業種への転職については別途解説する予定です^^

担当する工程の幅を広げる、変えるパターン

例えば、今の会社ではコーディング〜テストの工程しかやらせてもらえない場合、
要件定義や設計もやらせてもらえる会社へ転職するパターンです。

また、開発現場はしんどいのでシステム監視やインフラ系の保守、
テクニカルサポートなどの職種へ転職するパターンもあります。

別業界のシステム開発へ行くパターン

技術力を武器に、別業界へ転職するパターンです。

例えば金融系を専門とする会社でSEとして働いているけど、
医療系の電子カルテシステムの開発をやってみたいとか、
ゲーム開発をやってみたいとか、異なる業界の
SEとして活躍したいという場合が該当します。

受託開発から自社サービス開発へ行くパターン

受託開発をしているSEの場合、良くも悪くも顧客が要求したシステムを
過不足なく作ることが仕事です。

そのため、「こんな機能誰が使うんだろう?」と疑問に思っても、
顧客が欲しいと望めばそれを実装する必要があるわけです。

また受託開発の場合、システムは基本的に作って納品することがゴールです。
一方自社サービスの開発の場合、納品(リリース)後が本当のスタートになります。

そのほか、システムに対する本気度というか、
愛着度も受託開発と自社開発では違ってきますし、
働きがいを考えた場合はそこに大きな価値を見出す人も多いと思います。

社内SEとして働くパターン

求人票を見ていると、「社内SE」という名称を見かけます。

これは、上記のような自社サービスを開発するケースであったり、
自社の基幹システム(メールや社内ネットワークなど)の
メンテナンスを担当する仕事を意味しています。

常駐先の会社へ行くパターン

SEは、セキュリティの関係で客先に常駐して仕事をすることが多いです。
そして、何年もずっと客先に常駐しっぱなしというケースもよくあります。

そうすると、自社よりも客先との人間関係が密になってきて、
そのまま客先に転職してしまう人が少なからずいます。

SEにおすすめの転職サイトは?

IT業界に特化した転職サイトとしては、GreenIT転職ナビFindJobなどがあります。

ただ、求人数がまだまだ大手と比較すると少ないような印象です。

なので、登録するならリクナビNEXTマイナビ転職イーキャリア
あたりに登録しておいたほうが、希望の求人を探し当てる可能性が高いです。

SEにおすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェントDODAといった大手のエージェントは、
プログラマにとってもおすすめの転職エージェントです。

ネットの口コミでは結構ボロクソに叩かれていたりしますが(苦笑)、
苦情の数以上に転職で成功している人が大勢いるからこそ、
商売が成り立っているわけで、その求人数の多さを考えると
まずは登録しておくべきエージェントだと思います。

そのほかでおすすめなのは、マイナビエージェントです。
リクナビやDODAと比べると規模がやや小さくなりますが、
エージェントの質の良さは定評があります。

他にもIT業界に特化したワークポートレバレジーズテックという
エージェントもあります。

レバレジーズテックはどちらかというとフリーランスとして
働きたい人向けの印象があります。

ワークポートは、IT業界だけで見ればリクナビやDODAなどの
大手に引けをとらないほどの求人数を揃えている
と言われていて、
プログラマの人にもおすすめです。

※転職サイトとエージェントって何が違うの?って人は、
 「転職サイトとエージェントの違い」を参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加