ハローワークとは?

ハローワークとは、公共職業安定所(いわゆる職安)のことです。

転職先が決まってから退職する人は、特に利用することはありません。
退職してから転職先を探す場合には、ハローワークに行って手続きを行いましょう。

ハローワークのサービス内容

ハローワークではどんなことをしているのかというと、
大まかに分類すると次の3つです。

  • 失業保険(正確には雇用保険の基本手当)の受給手続き
  • 求職の申し込みや失業認定、失業保険の支給などを行っています。

  • 就職支援
  • 求人情報の検索や職業相談、再就職支援セミナーなどを行っています。

  • 職業訓練
  • 職業訓練に関する相談、受講申込手続きなどを行っています。

失業保険について

特に、退職後に転職活動をする人にとって
一時的に収入源がなくなってしまうので失業保険の受給は重要です。

就職支援や職業訓練などのサービスを利用するつもりはなくても、
失業保険の受給手続きだけは必ず行いましょう。

求人検索について

ハローワークで取り扱っている求人情報にはまともな求人がない、、、
という噂はよくネットでも見かけます。
ただ、失業保険を受給するための求職活動実績としてカウントできるので、
一度は使ってみるとよいおと思います。

※検索後に窓口で相談する必要はあります。
 相談といっても、混雑しているときは窓口で一言二言会話して終了、
 ということも多く、それでも求職活動実績になります。

職業訓練について

職業訓練には、WEBデザイナーやスマホアプリのプログラミング講座などIT系のものや、
アロマセラピスト、CAD、配管工事、介護サービスなど幅広い職業の講座があります。

失業保険受給中に受講すると、給付期間が延長されます。
再就職はすぐにでもしたいけど、就きたい仕事に関連した講座があれば
スキルアップのために受講するのもありだと思います。
ただし定員制で、申込んでも受講できないケースもあるのでご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加