フリーランスのプログラマになるには?

フリーのプログラマとして活躍している人は結構います。どうすればフリーになれるのか、どんな素養が必要になるのかなどについて解説します。

フリーランスとは

フリーランスとは、個人事業主のことを言います。会社には属さず、個人的あるいはエージェント経由で仕事を紹介してもらって開発に従事します。

どうやって仕事を取ってくるの?

自分で何でも全てこなしたいという人は、求人サイトやこれまでお付き合いのあった会社のツテを使って仕事を取ってきます。

開発に専念したいという人は、エージェントを活用して仕事を紹介してもらったり、クライアントとの契約処理などを代行してもらったりします。これは、芸能人が芸能プロダクションに所属するようなイメージに近いかもしれません。

気になる単価(年収)は?

案件や担当する役割によって大きくことなりますが、純粋にプログラマとして仕事をする場合、目安としては50万円〜70万円あたりが一番多いのではないかと思います。自分で営業して仕事を取ってこれる人は、仲介料を取られないので手取り額が増えます。

プログラミングの仕事以外にも、PMのようにプロジェクトの管理業務もやるようなスキルの高い人は、100万円以上の単価で仕事をしている人も実際にいます。

どの範囲まで仕事をするの?

これも案件や自分のスキルによって異なりますが、プログラミング工程を中心に、設計や顧客から要望をヒアリングして要件定義に落としこむところまでをカバーしたりします。

コンサル的な役割も担って、現状の問題点の分析や改善案の提案なども行っていて、そういう人はより高額の報酬を得ています。

また、プログラミングに限ってみても、一種類の言語だけでなく、ありとあらゆる言語をひと通りは使いこなせる、または調べればすぐ使えるといったレベルの人が多いです。

どんな人がフリーになっている?

あくまでバク転が過去、いろんな現場で見てきたフリーランスの人たちがベースになりますが、次のいずれかにあてはまる人たちが多いです。

・組織のしがらみに縛られたくない人
・管理業務が苦手、あるいはしたくない人
・とことん技術を磨いて行きたい人
・将来独立して会社を設立するつもりの人

一昔前は、サラリーマンよりもフリーのほうが手取り額が多くなるので、それを目的にフリーランスになる人がいました。

しかしボーナスはなく、時間給でなければ残業代は出ないですし、必ずしも金銭面でフリーのほうが有利だとは言えない状況なので、最近はお金だけをを目的にフリーでやっている、という人は少なくなっている気がします。

長期的な将来設計を忘れずに

フリーランスで働く場合、40代、50代になった時に、どんなスタイルで仕事をしているのかを今から考えておいて、そこに向かってキャリアを積んでいく意識が不可欠です。

バク転が知っている40代後半のフリーランスの人は、プログラマ・SEとしての経験を積んでいき、その豊富な知識を元にして技術面のコンサル的な提案もできるような人で、お客さんからの信頼も高く、貰っている報酬額も高かったです。

しかも、フリーランス同士のパイプも太く、デザイナーさんを紹介したり、エンジニアが足りなくなったら自ら人を引っ張ってきたりしていました。

このように、人の縁を大事にしながら経営者としての視点を持っている人は、フリーランスとしてずっと食っていけるんだろうなと感じました。

フリーランスにおすすめの転職エージェント

フリーランスとして仕事をしていく上で一番気になるのが

「どうやって仕事を取ってくればいいのか?」

という点ではないでしょうか?

営業が大事だとは分かっていても、どこから始めればいいのか分からない、、、という人も多いと思います。

そのため、最初のうちはエージェントを活用して仕事を紹介してもらうというスタイルがおすすめです。仕事を始める最初の取っ掛かりとして、エージェントを活用するのは検討の価値があると思います。

そして経験を積んでいくうちに顧客側にも同業者側にも人脈を広げていって信頼を築いていければ、少しずつ仕事を紹介してもらえるようになるはずです。

いくつかフリーランス向けのエージェントは存在していますが、レバレジーズテックを使っている人が最近は増えてきているような印象です。IT・WEB系の求人に強く、さらに現場の生の情報を熱心に収集している点が他のエージェントと比べてポイントが高いです。

こちらのレバレジーズテックの解説ページの記事も参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加