プログラマの転職パターン

プログラマと言っても、オープン系から組み込み系まで、その領域は多岐に渡ります。プログラマの人が転職する場合、どんな転職先が考えられるか解説します。

プログラマの人が転職する場合、次の3パターンが考えられます。

  • 上流工程へ行くパターン
  • 別業界のシステム開発へ行くパターン
  • 別の技術分野へ行くパターン

なお、プログラマから異業種への転職については「プログラマから異業種へ転職するには?」を参照してみてください。

上流工程へ行くパターン

プログラマは主に、コーディングやテスト工程を担当します。
そしてシステムエンジニアは主に設計工程を担当します。
最近ではこの役割分担がだいぶ曖昧になっていて、
一人で設計からコーディング、テストまでこなすことも珍しくなくなっていますが、

プログラマ時代 ⇒ コーディング、テスト

SE時代 ⇒ 要件定義、設計

PM時代 ⇒ 顧客折衝、見積り、全体管理

といったキャリアパスが多いです。

プログラマなのかSEなのか、名称はさておき、
より上流工程に携われるチャンスがあるところへ転職するパターンです。

社内でそれが実現できれば一番いいんですが、
社内の事情でいつも配属されるプロジェクトがテストばっかり、
という人もよく見かけます。

プロとして腕を磨いていきたいのに、設計やコーディングに全然携われない!
という場合に、転職に活路を見出す人が多いようです。

別業界のシステム開発へ行くパターン

例えば、それまでずっと官公庁向けのシステム開発をしていたけど
金融系のシステム開発の会社へ転職するパターンです。

同じシステム開発でも、業界が異なれば求められるスキルや
必要とされる業務知識が異なります。

大きな会社であれば、部署異動で希望が叶えられますが、
小さい会社であれば転職するのが一番でしょう。

SAPのパッケージ開発や、オラクルのデータベースなど、
製品知識を軸にしてスキルを持っていると、他業界でも転職しやすいと考えられます。

別の技術分野へ行くパターン

プログラマが活躍するシステム開発は、いろんな種類があります。
ざっとあげてみると、
・ソーシャルゲーム
・WEBサービス
・スマホのアプリ開発
・家電製品内で動くソフトの開発(組み込み系)
などで、別分野へと転職するパターンです。

特にソーシャルゲームの開発などは、一時期相当求人数が増えましたが、
その波が一段落した後、逆に人が余っている状態になっているみたいで、
多くの人が他の技術分野へ転職しています。

そのほか、クラウドやビッグデータ活用などの流れを受けて
データベースエンジニアやネットワークエンジニアが最近では需要が高いようです。
そのためこれらの技術に特化したスキルをこれから身につけていく
という選択もありだと思います。

また、別の開発言語へキャリアチェンジしたくて
転職するプログラマも結構います。

JavaプログラマだったけどRubyで開発したい、とかですね。

プログラマとしてのスキルを磨くには、
・同一言語をとことん突き詰める
・数多くの言語を使いこなせる
の道があると思いますが、後者のほうがプログラマとしての幅が広がるので
潰しが効く人材になれるといえるでしょう。

プログラマにおすすめの転職サイトは?

IT業界に特化した転職サイトとしては、GreenIT転職ナビFindJobなどがあります。

ただ、求人数がまだまだ大手と比較すると少ないような印象です。

なので、登録するならリクナビNEXTマイナビ転職イーキャリア
あたりに登録しておいたほうが、希望の求人を探し当てる可能性が高いです。

プログラマにおすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェントDODAといった大手のエージェントは、
プログラマにとってもおすすめの転職エージェントです。

ネットの口コミでは結構ボロクソに叩かれていたりしますが(苦笑)、
苦情の数以上に転職で成功している人が大勢いるからこそ、
商売が成り立っているわけで、その求人数の多さを考えると
まずは登録しておくべきエージェントだと思います。

そのほかでおすすめなのは、マイナビエージェントです。
リクナビやDODAと比べると規模がやや小さくなりますが、
エージェントの質の良さは定評があります。

他にもIT業界に特化したワークポートレバレジーズテックという
エージェントもあります。

レバレジーズテックはどちらかというとフリーランスとして
働きたい人向けの印象があります。

ワークポートは、IT業界だけで見ればリクナビやDODAなどの
大手に引けをとらないほどの求人数を揃えている
と言われていて、
プログラマの人にもおすすめです。

※転職サイトとエージェントって何が違うの?って人は、
 「転職サイトとエージェントの違い」を参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加