プロジェクトマネージャーの年収ってどのくらい?

プロジェクトマネージャーになると年収はいくらくらいになるのでしょうか?

業界全体の平均年収を確認して自社の給料と比較してみましょう。

PMの平均年収は643万円

転職サイトのDODAで毎年いろんな職種の平均年収について統計をとっています。

2013年版では、プロジェクトマネージャーの平均年収は643万円でした。
これは統計を取っている100職種中6位なので、
かなり年収上位の職種であるといえるでしょう。

同じIT業界で年酒が高い職種のITコンサルタントも同じく6位で643万円でした。

ちなみにPMよりも上位となっている職種は、
1位:投資銀行業務
2位:運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)
3位:経営企画/事業企画
4位:MR(医薬情報担当者)
5位:セールスエンジニア/FAE
となっています。

1000万円プレーヤーも夢ではない

年収アップを目指すなら、年収レンジの高い会社へ転職するのが近道です。

アッパーが決まっている会社であれば、
数年かけて実績を積んでもそれ以上の収入は見込めませんが、
年収レンジの高い会社であれば、転職時に年収アップも期待できますし、
転職後の頑張り次第でさらなる年収アップも夢ではありません。

特に現在の年収が平均より下回っている人は、年収アップの可能性が大きいです。

とは言え、年収アップだけを目的に転職すると失敗するものです。
なぜなら、PM職というのは非常にタフな職業なので、
仕事で厳しい状況に陥った時に何か心の拠りどころが必要になります。

やりがいであったり将来へのビジョンであったり、メンバーとの絆だったりと、
何を拠りどころとするかは人それぞれですが、お金だけが目的の場合、
苦難を乗り越えられないケースが多いです。

チャレンジのしがいは十分ある

とかく、IT業界はキツイ仕事だと言われ事実そうなのではありますが、
他の業界でもキツイ仕事はたくさんあります。

そのためIT業界で長年働いてきて、さらなるキャリアアップ、給料アップを目指すなら、
隣の青い芝生を眺めるのではなく覚悟を決めてPMを目指すというのが、
確率はぐんと高くなると思います。

今いる会社でそれが実現できるのがベストですが、
そもそもの給料レンジが低めの会社なら、転職によって年収アップを狙うのもありです。

昔からずっと、PM不足が叫ばれていて、マネジメント経験のある人は
未だに売り手市場だとも言われているので、好条件での転職が期待できるかもしれません。

また、プロジェクトリーダー職にあって将来PMを目指したいという場合も、
PM候補を募集している会社もあるので、
マネジメント経験のない人でも採用される可能性は十分あります。

おすすめの転職サイトは?

IT業界に特化した転職サイトとしては、GreenIT転職ナビFindJobなどがあります。

ただ、求人数がまだまだ大手と比較すると少ないような印象です。

なので、登録するならリクナビNEXTマイナビ転職イーキャリア
あたりに登録しておいたほうが、希望の求人を探し当てる可能性が高いです。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェントDODAといった大手のエージェントは、
プログラマにとってもおすすめの転職エージェントです。

ネットの口コミでは結構ボロクソに叩かれていたりしますが(苦笑)、
苦情の数以上に転職で成功している人が大勢いるからこそ、
商売が成り立っているわけで、その求人数の多さを考えると
まずは登録しておくべきエージェントだと思います。

そのほかでおすすめなのは、マイナビエージェントです。
リクナビやDODAと比べると規模がやや小さくなりますが、
エージェントの質の良さは定評があります。

※転職サイトとエージェントって何が違うの?って人は、
 「転職サイトとエージェントの違い」を参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加