リクルートエージェントへ面談に行ってきました

転職エージェントのリクルートエージェントに行ってきた時の体験談をご紹介します!

rikua-001
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

今回はリクルートエージェントへ行ってきた時の体験談をご紹介します。

rikua-002
バク転は千葉に住んでいるので、面談場所は千葉支社で行いました。
千葉駅から徒歩1分のセンシティタワー内にあります。

一応、東京本社でも面談可能か聞いてみたんですが、それはちょっと
申し訳ないんだけどムリなんです・・・とのこと。

バク転は離職中なのでどちらでも構わなかったのですが、もし勤務先が東京で、
どうしても面談は東京で対応して欲しいとお願いすれば調整してくれるかもしれません。

rikua-003
受付で内線をかけると女性の方が出て、面談ルームでお待ちくださいと案内されました。

rikua-004
面談ルームは完全個室で広々としていました。

面談内容

この日は初回ということもあり、まずはバク転の経歴の確認と、
今後のキャリアに関しての希望をヒアリングしていきました。

バク転は今のところ個人事業主でやっていくか転職するかの両方を
検討中なので、その旨をお伝えしました。

その上で、何点かアドバイスしてくれました。

まずは、システムエンジニアやプログラマなどの場合、
プロジェクト単位で単発の求人もあるので、収益の多角化を
狙ってみるのもよいのではないかということ。

あとはどうしても、離職期間が3ヶ月以上空いてしまうと書類の
通過率がガクッと下がってしまうということ。

離職期間が長いということは、他の企業で落とされ続けている
(ということは何かしら問題があるのでは?)と思われる可能性が増すし、
現場の感覚が落ちてきてしまうので企業側が敬遠するということです。

これは確かにそうだと思います。なので特別な事情がない限りは、
多少大変でも在職中から転職活動を始めたほうがよいですね。

また、中途採用の求人は10月〜12月に駆け込みで採用するケースが多く、
1月〜3月は新卒の受け入れ準備で忙しくなるので中途採用の求人は
減ってくるとも言っていました。

これは実際にそうなのか、転職を急かしている(面談したのが10月なので)
のかは判断つきませんでした。

面談後半は、職務経歴書の書き方についてアドバイスしてもらいました。

ポイントは、
・自分の経歴をただ時系列に並べるのではなく、相手が求めている部分を強調させること
・自分の強みをいかに汎用的な表現にまで持っていけるか
ということでした。

1点目は、経歴が長い人ほど相手側としては求めているスキルを保有しているのか
確認が難しくなってきます。そのため、応募企業ごとに相手が求めているスキルを
強調させるのが望ましいということでした。

まぁ、分かっちゃいるんですけどね(汗)実際にやるとなかなか難しいもんです。

2点目については例えば、要件定義などの上流工程をやっていた、という場合で考えると、
要件定義をしていたということは、顧客が抱えている課題が何かを聞き出す能力が
あるとも言えます。

また課題を解決するための思考力だとか、資料としてまとめる編集力など、
深堀りしていくと意外とたくさん強みが見つかるもんですよ、
とアドバイスしてくれました。

面談は1時間ほどで終わりました。まだ早急にどこか応募したいわけではないので、
CAの方もこちらから積極的にアプローチするのは差し控えますね、と言っていました。

そして、リクルートエージェントのWEBサイトにレジュメナビというサービスがあるので、
キャリアの棚卸の際に活用してみてくださいとのことでした。

w800_IMG_6242
こちらは渡されたパンフレットやガイド書類などです。

CA(キャリア・アドバイザー)の印象

30代後半くらいの男性の方で、親しみの持てる印象の人でした。

業界に関しての知識は十分持っていて、最近の転職市場や景気動向などについても
お話してくれました。

昨年(2012年)末くらいから、中小企業の求人が伸びているとのことでした。
景気が上向くと、まずは中小の求人から敏感に反応するそうです。

バク転はIT・WEB業界の人間ですが、経理や人事などの管理部門の求人が増えると、
景気回復が確実だと言われているそうです。確かに、売上に直結しない間接部門の人を
増やせるということは、それだけ会社にも余裕があるということですからね。

ちなみに株をやっている人は、こういう求人数の増減なども見て判断しているんだとか。そしてエージェントの仕事している人たちはインサイダーになってしまうので株はできないそうです。

あとは、2020年の東京オリンピック開催が決定したことで、今後公共事業も増えるだろうし、
システム投資も増えるので、景気は上向いてくるでしょうねと言っていました。

変に転職を煽ったり急かしたりしない点が、バク転的にはありがたかったです。

以上、体験レポートでした!

このエントリーをはてなブックマークに追加