不正受給にならないように要注意

失業保険は、きちんとルールを守らないと不正受給とみなされ、
不正に受給した金額の3倍を返還しないといけません。
(いわゆる「3倍返し」)

どのような行為が不正受給にあたるのか解説します。

不正受給とは

不正受給とは、本来支給の条件を満たしていないにも関わらず、
失業保険(雇用保険の基本手当)を受給しようとすることをいいます。

具体的には次のような行為をした場合に、
失業認定申告書に記載しない、または偽って記載した場合が該当します。

・失業期間中に働いた(パートやバイト、日雇労働なども含む)
・内職や手伝いをした
・自営の準備や自営業を開始した
・就職した

これらの行為をしたら不正受給になるのではなく、
これらの行為を正しく申告しなかったら不正受給になるので
勘違いしないようにしましょう。

その他、以下の様な不正行為も該当します。

・求職活動の状況を偽って報告した
・労災保険や健康保険の給付・手当などを受給しているのに申告していない
・受給資格者証を他人に渡して、他人に受けさせる
・偽造した離職票を提出した
・離職した事業所に再雇用される予定なのに、失業保険を受給している

不正受給が見つかるとどうなるの?

不正受給の事実が発覚すると、当然支給が停止されます。
そして、それまで受給していた金額を全額返還する必要があります。

さらに、支給を受けた金額の2倍以下の金額を納付しなければいけません。

つまり、返還額と納付額を合わせると3倍の金額を支払う必要があるのです。
しかも分割払いは不可で、一括で支払う必要があります。

その支払が滞ると延滞金が課せられ、最悪の場合は財産の差し押さえが行われます。

不安・疑問に思ったらハローワークの窓口で確認を

転職活動が長引くと、どうしても資金的に余裕がなくなり、
失業保険だけだと足りずにバイトや内職をすることもあるかと思います。

そして、ある一定額以上の収入になると、失業保険が減額されます。

そのため、
せっかく働いたのに減額されたくないために、嘘の申告をしてしまう
といったケースもあるようです。

いくらまでなら減額されずに支給されるのか、
どういった行為が内職や手伝いに該当するかなど、
気になる点はハローワークで事前に確認することが肝心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加