SEになりたい!何歳までなら未経験者でも転職可能?

異業種からSE(システムエンジニア)へ転職する場合、
何歳くらいまでなら可能なのでしょうか?

SEの仕事

最近ではSEとPG(プログラマ)の仕事の境が曖昧になってきているので、
一言でSEといってもその守備範囲は広範囲に及びます。

システム開発の工程は、ざっくり言うと以下のような流れになります。

・要件定義
・設計
・コーディング
・テスト
・納品(リリース)
・保守、運用

このうち、SEが担当するのは設計から納品の間の工程で、
プロジェクトによっては要件定義や見積りなどの上流工程を担当するSEもいますし、
リリース後にそのまま保守、運用を担当するSEもいます。

そのため、自分はどういうSEになりたいかを早い段階で見極めて、
会社にも積極的にアピールしていったほうがよいです。

25歳くらいまでの場合

25歳というと、大学をストレートで卒業して社会人経験3年くらいの年齢で、
いわゆる第二新卒枠での転職になります。このくらいまでであれば、
SEとしての経験が全くなくても何とかなります。

プログラミングの経験がなくても会社側はそれを承知で採用しているし、
社内研修がある会社も多いので、心配な場合は研修制度が充実している
会社を選ぶのも手です。

20代後半までの場合

20代後半になってくると徐々に厳しくなりますが、ぎりぎり可能性はあると思います。

資格の取得や自分で何か簡単なものでもいいのでWEBサービスやアプリを独学で勉強して
作ってみると、未経験者でも評価してくれるはずです。

参考書のサンプルを少しカスタマイズしたものでも、正直自分でもショボいな・・・
と思うようなものでもいいので、自分で作ってみることをおすすめします。

3ヶ月〜半年くらいあれば未経験者でも簡単なものなら作れると思います。

30代以降の場合

30代以降の場合は、SEになるには相当ハードルが高いです。

可能性があるとすれば、前職の経験が活かせる場合でしょう。

例えば、前職は金融業界で働いていたので金融系の開発を得意とする会社へ転職する、
というパターンは成功率が高いと思われます。

継続的な勉強は必須

どんな職業でもそうですが、仕事に必要なスキルは
自分から積極的に学んでいく姿勢が必要になります。

「勉強しないといけない」というよりも、開発に関する知識を身につけるのが好きで、
言われなくてもあれこれ自分で吸収していくのが楽しいと感じるタイプでないと、
恐らくSEになれたとしても仕事が辛いと感じると思います。

未経験の求人でも企業によって温度差がある

「未経験者歓迎!」と書いてある求人でも、会社によって想定している未経験者像は異なります。
ひと通りパソコン操作はできるけど開発経験がない人を想定しているのか、
実務経験はなくても独学で最低限の知識は身につけている人を想定しているのかなど、
求人票だけからだとなかなか読み取ることができません。

ダメ元で応募してみるのも手ですが、効率よく転職活動を行うなら
転職エージェントを活用して、CA(キャリア・アドバイザー)に
聞いてみるのがよいと思います。

自分の経歴でも可能性のあるところを効率よく探せますし、
どの点をアピールしていけばよいかアドバイスももらえるのでオススメです。

また、IT業界は慢性的に人手不足なので、
多少条件が悪いところでも「経験を積む」ということを最優先に考えれば
未経験者でも年齢が高くても可能性はゼロではないと思います。

「プログラマになりたい!何歳までなら未経験でも転職可能?」
でも書きましたが、あえてブラック企業と言われるところへ応募してみて、
そこで数年間経験を積めば、今度は経験者としての転職が可能になります。

もちろん、真性ブラックなところは避けるべきですが、
経験者とのギャップを埋めるためにはある程度の覚悟は必要になると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加