プログラマになりたい!何歳までなら未経験でも転職可能?

異業種からプログラマへの転職をする場合、
実際のところ何歳くらいまでなら可能なのでしょうか?

25歳くらいまでの場合

25歳というと、大学をストレートで卒業して社会人経験3年くらいの年齢で、
いわゆる第二新卒枠での転職になります。このくらいまでであれば、
プログラマとしての経験が全くなくても何とかなります。

とは言っても独学で勉強するなり資格を取るなりのアピールは必要でしょう。

実際、バク転の元いた会社でも2年間営業をやっていて、
向いてないなと思ったのでプログラマに転職したという人がいました。

知識を習得するまでは苦労していましたが、
営業の経験があったおかげか本人の素質なのか、
新しい環境にもすぐ馴染んでいました。

20代後半までの場合

20代後半になってくると徐々に厳しくなりますが、ぎりぎり可能性はあると思います。

今は個人でも独学で勉強してWEBサービスやスマホのアプリを作れてしまう時代なので、
本気でプログラマになりたいという人は、
しょぼいものでもいいので何か作ってみることをおすすめします。

プログラミングが本当に自分に向いているのかを知ることができますし、
なによりも熱意が伝わってきます。

30代以降の場合

残念ながら、30代以降でプログラミング経験がゼロの場合、
プログラマへの転職はほぼ不可能だと思っていたほうがよいでしょう。

ネットの掲示板で、それまでエクセルでマクロを組んだりVBAでコード書いたり、
Accessが使えるのですが今からプログラマに転職は無理でしょうか?
といった書き込みを見かけるのですが、やはり厳しいです。

同じ飲食店で働くのでもカウンターと厨房では全く役割が異なるように、
Office製品を使いこなせるというのとプログラミングをするというのは、
求められるスキルが異なります。

また多くのプログラマが、30歳を過ぎると段々と上流工程に進んでいき、
純粋に技術のみでキャリアを積もうという人が減っていきます。

よっぽど技術力が高く、プログラマとしての能力がずば抜けていないと
生涯現役プログラマでいるのは難しいといえるでしょう。

というのも受託開発の場合、
プログラミング工程は要件定義や設計工程と比べて単価が低いため、
どうしても人件費が高い30代の人より20代の安い人を使っていかないと
元が取れないという事情もあります。

どうしてもプログラマになりたいなら

未経験だけどどうしてもプログラマになりたいんだ!
という場合、裏ワザ?的な方法が一つだけあります。

それは、
世間ではブラック企業だと言われているところへ応募してみる
という方法です。

ブラック企業は離職率が高いため常に人を募集しているような状況です。
そしてとにかく頭数をそろえようとするので、経験が浅かったり、
スキルがマッチしていなくても採用してもらえる可能性があります。

そこで数年間、死に物狂いで経験を積めば、今度は経験者として転職できます。

バク転が経験したプロジェクトで、社外の協力会社から40代の男性が加わったことがあります。
経歴上はプログラミング経験あり、となっているのですが、
開発ツールの使い方すら知らなく(コンパイルの仕方が分からない(!!)など)、
あんた経歴詐称してるでしょ!?みたいな人がいました。

その協力会社とはその後もう取引しなくなりましたが・・・。
でもある意味、経験者とのギャップを埋めるためには
それくらいの覚悟が必要になるのではと思います。

そして、一度修羅場をくぐってしまえば、
後はどんなプロジェクトでも怖いものなし!かもしれません(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加