【11サイト網羅】気になる!みんなの転職理由まとめ

転職しようか考えている人にとって、「他のみんなはどんな理由で転職に踏み切ったんだろう?」と一度は気になったことがあるのではないでしょうか。そこで、転職理由のアンケート結果を公表しているサイトを片っ端から調べてみました!合計11サイトの結果をまとめてご紹介します。はたしてどんな理由が多いのでしょうか?

みんなの転職理由
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

前の記事では、「転職理由なんてネガティブなものに決まってる!」という話をしました。

バク転の転職経験を振り返ってみても、転職を考えた最初のキッカケは現状に不満を感じたためでした。1回目は会社の規模が小さくニッチな仕事しかできなかったのが嫌だったという理由で、2回目は不満というより、請負のシステム開発者としての自分に限界を感じたというネガティブな理由です。もちろん、会社への説明や面接時にズバリ本音は話しませんでしたけど(汗)

では実際、みんなはどんな理由で転職を決意したのでしょうか?転職サイトや調査会社、厚生労働省が転職経験者に対してアンケート調査を行った結果を一挙公開します!

転職理由がポジティブな動機によるものか、ネガティブな動機によるものなのかを判別しやすいように、ネガティブな理由によるものを赤文字にしています。倒産やリストラなどはポジティブな理由ではないですけど、やむを得ない事情なので赤文字にはしていません。

目次

「リクナビNEXT」による調査結果
「DODA」による調査結果
「パソナキャリア」による調査結果
「en転職コンサルタント」による調査結果
「とらばーゆ」による調査結果(20代女性)
「とらばーゆ」による調査結果(30代女性)
「リブセンス」による調査結果
「ランスタッド」の調査結果(日本)
「ランスタッド」の調査結果(世界)
「日経HR」による調査結果
「転職エージェントみんなの口コミと評判」による調査結果
「アンテリオ」による医師の転職意向に関する調査結果
「求人@飲食店.com」による調査結果
「厚生労働省」による調査結果
まとめ

(注)調査結果の表のうち、割合の合計が100%にならないものは複数回答ありによるものです。

「リクナビNEXT」による調査結果

順位 退職理由 割合(%)
1 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23
2 労働時間・環境が不満だった 14
3 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13
4 給与が低かった 12
5 仕事内容が面白くなかった 9
6 社長がワンマンだった 7
7 社風が合わなかった 6
7 会社の経営方針・経営状況が変化した 6
7 キャリアアップしたかった 6
10 昇進・評価が不満だった 4

参照元:http://next.rikunabi.com/01/honne2007/honne2007_01.html

バク転コメント

アンケートの主旨自体が退職理由の本音を聞くという内容なので、面接時の模範解答とはだいぶ違った理由が多いです。2007年のデータなので古いですが、どんな時代でもこれが本音だよな、とうなずける結果でした。

↑目次に戻る

「DODA」による調査結果

順位 転職理由 割合(%)
1 ほかにやりたい仕事がある 12.7
2 会社の将来性が不安 12.3
3 給与に不満がある 7.6
4 残業が多い/休日が少ない 5.9
5 専門知識・技術を習得したい 5.6
6 幅広い経験/知識を積みたい 4.1
7 U・Iターンしたい 3.2
8 業界の先行きが不安 3.1
9 倒産/リストラ/契約期間満了 2.8
10 市場価値を上げたい 2.7

参照元:http://doda.jp/guide/reason/2013first/index.html

バク転コメント

こちらは2012年10月から2013年3月に転職活動をした約3万人の転職理由の集計結果です。「ほかにやりたい仕事がある」が1位で、これは景気回復への期待感から、不安解消型の転職から希望にあった仕事に就くための転職が盛んになってきたためと分析しているようです。

↑目次に戻る

「パソナキャリア」による調査結果

順位 転職を考えるきっかけ 割合(%)
1 仕事の幅を広げたかったから 54.8
2 会社の将来に不安を感じたから 45.2
3 年収・待遇面を向上させたかったから 32.2
4 やりたい仕事が別にあったから 24.6

参照元:http://www.pasonacareer.jp/info/info_survey_002.html

バク転コメント

こちらは2013年の6月に実施したアンケートの集計結果です。「仕事の幅を広げたかったから」という理由が1位で、DODAの調査結果と同様、景気回復への期待感から、ポジティブな理由での転職を考えている人が増えているようです。

↑目次に戻る

「en転職コンサルタント」による調査結果

順位 転職を考えたきっかけは何ですか? 割合
1 給与・待遇に不満があった 47
2 会社や業界の将来性に不安を感じた 43
3 会社の考え・風土が合わなかった 40
4 会社からの評価に不満があった 30
5 仕事の幅を広げたかった 30

参照元:http://consultant.en-japan.com/html/enquete_report/report_12.html

バク転コメント

給与・待遇への不満が1位です。中でも技術系のエンジニアが突出して不満を感じているそうです。毎日終電、休日出勤も常態化してくると、こんなに働かされて給料こんだけかよ!と愚痴りたくもなるもんです。バク転もシステムエンジニアでしたから、その過酷さは身にしみて分かります。。。楽しい時ももちろんありますけどね。

↑目次に戻る

「とらばーゆ」による調査結果(20代女性)

順位 20代女性の転職理由 割合(%)
1 給与・昇給など待遇に不満がある 38.8
2 経験の幅を広げたい 38.2
3 スキルアップしたい 33.5
4 仕事にやりがいを感じない 27.1
5 休日数、残業、勤務時間に不満がある 21.8
6 会社や業界の将来に不安がある 19.4
7 仕事内容が自分に合わないと感じた 17.6
7 他にやりたい職種がある 17.6
9 自分の能力を発揮できない 9.4
10 職場の人間関係に不満がある 8.2

参照元:http://toranet.jp/t/r/T1ZZ140s_hp_%2Freason%2Franking%2Franking-20.html

バク転コメント

2013年6月の20代女性に対するアンケート結果です。入社後数年経っても給料が一向に上がらず、仕事量だけ増えていることに不満を持っている人が多いそうです。確かに、忙しい業務の合間に後輩の指導なんかも任されたりしますからね。。。

↑目次に戻る

「とらばーゆ」による調査結果(30代女性)

順位 30代女性の転職理由 割合(%)
1 スキルアップしたい 38.6
1 給与・昇給など待遇に不満がある 38.6
3 経験の幅を広げたい 29.7
4 休日数、残業、勤務時間に不満がある 22.8
5 仕事にやりがいを感じない 19.8
6 会社や業界の将来に不安がある 15.8
7 他にやりたい職種がある 13.9
8 仕事内容が自分に合わないと感じた 12.9
9 職場の人間関係に不満がある 10.9
10 契約期間満了になった 9.9

参照元:http://toranet.jp/t/r/T1ZZ140s.jsp?hp=%2Freason%2Franking%2Franking-30.html

バク転コメント

先ほどと同じとらばーゆが実施した30代のアンケート結果です。1位は「スキルアップ」と「待遇への不満」とのことです。そして注目なのが、10位の「契約期間満了になった」というケース。20代よりも契約更新されず終了となる場合が多いんでしょうか。

↑目次に戻る

「リブセンス」による調査結果

順位 転職経験者の転職理由トップ10 割合(%)
1 残業が多い・休日が少ない 19.0
2 ほかにやりたい仕事があった 18.4
3 給与に不満があった 17.8
4 会社の将来性が不安だった 16.1
5 その他 12.8
6 専門知識・技術を習得したい 4.5
7 U・Iターンしたい 3.7
8 倒産・リストラ・契約期間満了 3.7
9 幅広い知識・経験を積みたい 2.9
10 業界の先行きが不安 0.6

参照元:http://www.dreamnews.jp/press/0000080323/

バク転コメント

2013年7月に実施したアンケート結果です。こちらの結果では「残業時間の多さ」が1位になっていますね。また、ブラック企業の判断指標というアンケートもあって、そこでも一番は残業時間でした。業界によっては(テレビ関係やコンサルタントなど)、月間労働時間が400時間当たり前、みたいなところもありますが、やりがいや収入が見合っていないと残業は辛いだけです、はい。。。

↑目次に戻る

「ランスタッド」の調査結果(日本)

順位 転職理由 割合
1 より高い給与及び待遇を得るため 52
2 勤務先の就業環境が好きではないため 20
3 現在の勤務先に将来性が感じられないため 20
4 仕事で多様な経験を積みたいため 14
5 ワークライフバランスが実現しづらい勤務先のため 12
6 今の仕事が好きではないため 12
7 勤務先では昇進やキャリアアップの機会が少ないため 11
8 勤務場所が不便なため 10
9 今の勤務先では経営層や上司から支援が得られないため 7
10 現在の仕事では挑戦をする機会がないため 7

参照元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000004185.html

バク転コメント

ランスタッドという会社は、世界最大級の総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーの日本法人なんだそうです。2012年12月に実施したアンケート結果です。ここでは半数以上が「より高い給与・待遇を得るため」が1位になっています。何だかんだ言ったって、お金を稼ぐために働いているんだから収入アップを目指して転職にチャレンジする人は多いでしょう。

↑目次に戻る

「ランスタッド」の調査結果(世界)

順位 転職理由 割合
1 より高い給与及び待遇を得るため 55
2 勤務先の就業環境が好きではないため 20
3 勤務先では昇進やキャリアアップの機会が少ないため 20
4 ワークライフバランスが実現しづらい勤務先のため 17
5 仕事で多様な経験を積みたいため 14
6 今の勤務先では経営層や上司から支援が得られないため 13
7 現在の勤務先に将来性が感じられないため 11
8 今の仕事が好きではないため 10
9 現在の仕事では挑戦をする機会がないため 10
10 管理職などより責任のある仕事に就くため 10

参照元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000004185.html

バク転コメント

こちらは世界各国を対象にしたアンケート結果です。日本も世界も一番多い転職理由は変わらないようです。

↑目次に戻る

「日経HR」による調査結果

順位 なぜ転職したいと思ったのですか? 割合(%)
1 年収を上げたい 39
2 会社の先行きが厳しく不安なため 37
3 会社の体質が自分に合わない 32
4 上司、同僚など人間関係の問題 14
5 職種を変えたい 13
6 業種を変えたい 12
7 勤務地を変えたい 10
8 その他 21

参照元:http://www.nikkeihr.co.jp/news/pdf/20111118.pdf

バク転コメント

2011年10月に実施したアンケート結果です。表は20代〜50代の全年齢の順位ですが、年代別でみると20代、30代は「年収を上げたい」という理由が1位で、40代、50代では「会社の先行きが不安」が1位でした。管理職になって、自ら経営の一翼を担うからこそ感じる不安なんでしょうね。

↑目次に戻る

「転職エージェントみんなの口コミと評判」による調査結果

順位 転職を思い立った瞬間 割合(%)
1 上司または人間関係に失望 30
2 会社の現状や将来に失望 28
3 仕事と待遇のバランスに失望 14
4 報われない、徒労感に失望 12
4 経営者に失望 12
6 自分の夢や理想を実現したい 4

参照元:http://agent.jobmark.jp/episoderanking.html

バク転コメント

2013年5月に実施したアンケート結果です。アンケート用紙には他にどんな選択肢があったのか分かりませんが、現状に失望しまくりです(苦笑)。

↑目次に戻る

「アンテリオ」による医師の転職意向に関する調査結果

順位 転職した理由(直近の転職について) 割合(%)
1 施設・医局の方針と合わなかった 27.7
2 自分が考える理想的な医療を提供したかった 19.4
3 自分のスキルを活かせる診療を行いたかった 18.6
4 自身のスキルを高めたかった 17.5
5 より高収入を得たかった 17
6 勤務時間を減らしたかった 14.6
7 育児のため 6.8

参照元:https://www.anterio.co.jp/news/130821

バク転コメント

アンテリオというのは医療系のリサーチ会社です。対象がお医者さんという珍しいアンケートで、2013年7月に実施された結果です。「育児のため」が7位になっていますが、性別ごとで見ると女性の転職理由1位となっています。病院はピラミッド社会の典型みたいな印象があるので、不満があって上層部に改善案を具申しても検討すらしてくれなそうですね。

↑目次に戻る

「求人@飲食店.com」による調査結果

順位 転職理由 割合(%)
1 スキルアップ(将来独立するための勉強含む) 48.2
2 飲食店が好き 24.6
3 経験を活かしたい 16.8
4 給与、待遇アップ 5.9
5 余暇を有効に活用したい 1.7
5 現在の仕事への不満 1.7
7 その他 1.1

参照元:http://jinjibu.jp/news/detl/3535/

バク転コメント

2009年10月に実施したアンケート結果です。飲食業界に転職しようと活動している人たちへのアンケートで、1位は「スキルアップ」でした。将来自分でお店を持ちたい、という会社に依存しない自立志向だから前向きな人が圧倒的に多いんですね。

↑目次に戻る

「厚生労働省」による調査結果

順位 自己都合による離職の理由 割合(%)
1 会社の将来に不安を感じたから 30.9
2 満足のいく仕事内容でなかったから 29.4
3 労働条件(賃金以外)がよくなかったから 29.0
4 賃金が低かったから 23.2
5 能力・実績が正当に評価されないから 17.8
6 人間関係がうまくいかなかったから 14.2
7 いろいろな会社で経験を積みたいから 13.0
8 他によい仕事があったから 12
9 結婚・出産・育児・介護のため 6.0
10 病気・ケガのため 3.9
11 取りあえず、転職をしてみたかったから 1.9
12 その他 21.7

参照元:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/08/h0808-2.html

バク転コメント

2007年のデータなのでちょっと古いですが、転職の理由は他のアンケート結果と同じような結果で1位は「会社の将来に不安を感じたから」でした。あと、「取りあえず、転職をしてみたかったから」なんていうものもありました(苦笑)。間違ってもあなたは「取りあえず」な気持ちで転職しないよーに!ゼッタイ後悔します(><)

↑目次に戻る

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?それぞれ順位にはばらつきがあるものの、だいたい似たような理由が多いですね。そして半分以上がネガティブな理由で、これが本音の理由なんだと思います。

また”退職”の理由は何ですか?という問いと、”転職”の理由は何ですか?という問いに対してその回答のニュアンスに若干変化があることに気づきました。

退職の理由は「こんな会社じゃやってられない」的なネガティブな理由が多いですが、転職の理由になると「だからこそこうなりたい」という前向きでポジティブな理由に転換されているようです。

また、言い回しが違うだけで根幹は同じというものもありました。例えば「給与・待遇に不満があった」という理由と「年収・待遇面を向上させたかったから」という理由なんかがそうですね。

これは結構重要なポイントだとバク転は思っています。問題は転職理由がネガティブなものはいけない、ということではありません。アンケート結果でも分かるように、ほとんどの人はネガティブな理由がキッカケで転職に踏み切っています。大事なことは、その不満がなぜ転職によって解決できると考えたのか?そのストーリー性にあると思います。

場合によっては、転職せずに今の職場で頑張ったほうが解決への近道だった、という可能性も大いにありえます。心がもう既に今の会社から離れてしまっている人も、退職願を出す前にもう少し、バク転にお付き合いください^^。最後にもう一度だけ、一緒に考えてみましょう。

「本当に転職するしかない?転職理由を徹底検証!」 へ進む

このエントリーをはてなブックマークに追加