求職活動実績とは?

失業保険を受給するには、失業の認定を受ける必要があります。
そして、失業期間中は求職活動を行っている必要があります。
どういった活動が実績として認められるのか解説します。

失業保険(雇用保険の基本手当)は、「働きたいけど仕事が決まらない人」向けのものなので、
職探しをせずに家でゴロゴロしているだけの人には支給されません。

企業に応募したり、転職エージェントに相談しに行ったりといった活動を、
一定数以上行う必要があります。
(前回の認定を受けてから原則2回以上)

といっても、本当に次の転職先を本気で探していれば、
自然とその一定数は超えると思いますのであまり気にしなくても大丈夫です。

それでは具体的にどんな活動が該当するのかみていきましょう。

失業認定における求職活動実績に該当するもの

1.求人への応募

面接まで進んだ場合はもちろんのこと、書類送付で落とされた場合も含みます。

2.ハローワークが実施するもの

ハローワークを通じて次のような活動をした場合が該当します。
・求職申込み、職業相談など
・講習会、就職支援セミナー、ビデオセミナー参加

3.民間機関(民間職業紹介機関など)が実施するもの

転職エージェントなど許可・届け出のある民間機関を通じて
次のような活動をした場合が該当します。
・求職申込み
・職業相談
・職業紹介
・求職活動方法などを指導するセミナーなど

4.公的機関等が実施するもの

地方自治体や新聞社などの公的機関などを通じて
次のような活動をした場合が該当します。
・キャリアアップ・ガイダンスへの参加
・キャリア・コンサルティングでの相談
・個別相談ができる企業説明会
・離職前の事業主が、再就職援助として行う職業相談など

5.資格試験の受験

再就職時に必要な各種国家試験、検定などを受験した場合が該当します。

該当しないもの

以下は、求職活動実績に該当するだろうと勘違いしやすいものです。

ハローワークでの求人検索用PCで、検索だけした場合
求人サイトや転職エージェントに登録だけした場合

ポイントは、人と接点を持ったかどうか

求職活動実績になるかならないかの基準は、
「人と何らかの接点を持ったかどうか」で考えると分かりやすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加