職業訓練に関する注意点

職業訓練を受けたいと考えている人へ、注意すべき点を解説します。

常に希望するコースが開校しているわけではない

職業訓練は幅広い職種のコースがありますが、
常にそのすべてのコースが開校しているわけではありません。

退職したタイミングによっては、
受講したいのに希望するコースが1つも募集していないということもあり得ます。

開校日で一番多いのは4月で、その次が10月です。

地域によって開催しているコースが違う

パソコン事務とか介護系などは、比較的どこの地域でも開催しています。
また期間が3ヶ月がほとんどなので、応募のタイミングがないということも少ないでしょう。

一方、Webサイト制作やプログラミング講座、ブライダルや旅行業などの講座は、
そもそも開催していない地域もあるかと思います。

人気コースは倍率2〜3倍

Webデザイン講座などの人気コースは、倍率が2〜3倍になるとハローワークの人が言っていました。
人気コースの場合、支給残日数が長い人のほうが優先されるという話もあるみたいなので、
気になるコースがある人は早めに相談してみましょう。

逆に人気のないコースは定員割れするので問題なく入校できるそうです。

どのコースが倍率どのくらいなのかはハローワークに行くと教えてくれます。

失業保険の支給残日数が足りない場合

職業訓練は、失業保険の支給残日数が一定日数以上ないと申し込めません。
そして、募集期間は大抵2ヶ月前くらいに行われるので、
支給残日数ギリギリになってから申し込もうと思っても募集期間が過ぎていて
申し込めなかったということもあるので注意が必要です。

どうしても職業訓練を受けたいのに応募期間が間に合わなかったという場合は、
「求職者支援制度」を利用することができます。

この求職者支援制度というのは本来、失業保険(雇用保険のこと)を
受給できない人が対象ですが、例外的に受講させてもらえます。

ただ、受講中は失業保険の給付が延長される公共職業訓練と違い、
求職者支援制度を利用する場合は延長されることはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加