転職エージェントを使い倒せ!6個のデメリットまとめ

転職活動をするにあたって、エージェントを利用するのが当たり前になってきました。そんな転職エージェントのデメリットをあげてみました!

転職エージェントのデメリット
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職活動を行う上でお世話になるサービスは、転職サイト(求人サイト)と転職エージェント(人材紹介会社)の2つがあります。

そのうち転職エージェントについて、6個のデメリットについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

デメリット一覧

その1:担当CAの力量に大きく左右される
その2:ミスマッチな求人情報を勧められる
その3:自分の売上ノルマを優先する
その4:連絡しても返信がない
その5:最終選考時、直接応募者に比べて不利になることもある
その6:サポート期間が限られている

その1:担当CAの力量に大きく左右される

前の記事では、転職エージェントのメリットについて書きました。

ネット上の口コミや転職体験本、バク転の転職活動経験から言えることは、先の記事で上げたメリットがどこまで享受できるかは担当のCA(キャリア・アドバイザー)によって雲泥の差が生まれるということです。

そのため初めて転職エージェントを使う人は、最低2〜3社に登録することをおすすめします。そうすることで、担当CAによる差というのを体感できると思います。

以下にあげるデメリットその2〜4は、いずれもダメCAに当たった時の場合として読んでください。

その2:ミスマッチな求人情報を勧められる

転職エージェントは、企業側と求職者側の希望を聞いて間を取り持つビジネスです。

なので、当然相手企業のことや業界のことに精通しているはず・・・。と思うのは当然ですよね。

しかし!驚いたことに全然業界知識のない人が担当になってしまうこともあるんです(涙)。さらに自分の希望を伝えているにもかかわらず、条件に合っていない会社を勧められたり・・・。

いやだから、請負開発の仕事はもうしたくないから転職活動してるのに、何で請負開発の会社を紹介してくんのよ・・・、みたいなことがあります。。。

マッチングがビジネスの根幹なのに、求職者と担当CAのマッチングが上手くできていないなんて頼りなさ過ぎです。。。

でもまぁ、IT業界の最先端をいってる会社の社内システムが案外旧式だったりすることもあるわけで(関係ないか、、)、しょうがないと割り切るしかないですね。

その3:自分の売上ノルマを優先する

CAには売上ノルマが設定されています。転職エージェント会社によっては、このノルマ達成のプレッシャーがハンパないところもあるようで、そういう会社のCAは、我々転職者の希望は二の次で、とにかく採用されそうな会社を勧めてきます。

採用されそうな会社というのは、採用基準がユルい会社です。採用基準がユルいということは、つまり誰でもいいということです。

そして誰でもいいということは、仮にあなたが高いスキルを有していても、それに見合った給与や条件での入社はできないことを意味しています。

その4:連絡しても返信がない

メールで問い合わせしても、返信がないCAがいます。何度か催促してやっと返信がくる始末。これ、社会人としてダメダメですよね・・・。どんなに忙しくても、まずは返信するのがマナーでしょう。忙しくて即答できないなら、その旨だけでも返信してもらいたいです。

何人もの求職者を同時に相手にしなければいけないわけで、連絡が集中すると対応が後手にまわってしまうのは理解できます。でもそんなことはエージェント職に限らずどんな仕事でもよくある話で、だからこそ信頼関係を築くには素早い返事が大事になってくるんです。

ってか社会人ならふつ・・・グチはもうやめときましょうか(苦笑)。

その5:最終選考時、直接応募者に比べて不利になることもある

転職サイトのメリットについてまとめたこちらの記事でもふれましたが、直接応募している人とエージェント経由で応募した人を比較すると、企業側にとって後者の方が採用時にコストがかかります。転職エージェント会社に報酬を支払う必要があるためです。

そのため最終選考までいった時、判定の決め手としてコストがかからない直接応募者を選ぶということもあり得ます。

実際のところ、企業側も転職エージェントに依頼している時点でコストがかかることは見込んでいるはずですし、直接応募者と最終選考まで競るケースがそれほど多いとも思えないのであんまり神経質になる必要はないと思ってます。

その6:サポート期間が限られている

転職エージェントに登録すると、担当のCAがつきますが、CAのサポート期間というのが決められている会社があります。例えばリクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月間です。

そのため、準備期間を長めに取れるなら、自己分析や転職サイトを活用した情報収集などが済んでから転職エージェントに登録する流れをおすすめします。

既に退職している人や、短期決戦で挑みたい人は早々に転職エージェントに登録しましょう。

以上、転職エージェントのデメリットまとめでした!

関連記事一覧

第1回:転職エージェント(人材紹介会社)とは?
第2回:転職エージェントを使い倒せ!10個のメリットまとめ
第3回:転職エージェントを使い倒せ!6個のデメリットまとめ ←この記事
第4回:エンジニアこそ、エージェントを活用しよう
第5回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(最悪編)
第6回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(良かった編)
第7回:転職エージェントを使い倒せ!5つの活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加