転職エージェントを使い倒せ!10個のメリットまとめ

転職活動をするにあたって、エージェントを利用するのが当たり前になってきました。そんな転職エージェントのメリットをあげてみました!

転職エージェントのメリット
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職活動を行う上でお世話になるサービスは、転職サイト(求人サイト)と転職エージェント(人材紹介会社)の2つがあります。

そのうち転職エージェントについて、10個のメリットについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

メリット一覧

その1:対面でのアドバイスを受けられる
その2:応募前に企業情報を教えてもらえる
その3:自分の今の相場感が分かる
その4:サボり防止になる
その5:応募先企業との調整を代行してくれる
その6:書類の添削をしてくれる
その7:模擬面接してくれる
その8:不採用になったとき、フィードバックしてくれる
その9:癒される
その10:年収交渉をしてくれる

その1:対面でのアドバイスを受けられる

WEBサイト上で完結する転職サイトと違い、転職エージェントは直接会って色々相談にのってもらうことができます。

それが煩わしいと感じる場合もあったりしますが(汗)、不慣れな転職活動で何をどうすればいいのかを手取り足取り教えてもらえるのは、特に初めての転職の場合は助かります

その2:応募前に企業情報を教えてもらえる

企業のホームページを見て直接応募する場合や転職サイトを見て応募する場合、相手企業の情報はネット上のものに限られます。

一方エージェントを使えば、応募する企業はどんな社風なのか、社長はワンマンなのか、そもそも自分に向いてそうなのかなど、求人広告の内容やネットの口コミよりも一歩踏み込んだ生の情報を教えてくれます。

バク転も以前、応募先を探しているときに業界内では名の知れた企業の求人があって、どんな会社なのか聞いてみたことがありました。すると「そこは研究者肌でクセの強い社員が多いですよ」と教えてもらって、ちょっと自分が行きたい会社のイメージと違っていたので応募を取りやめたりしたことがありました。

ただ、転職エージェントの会社には、我々求職者を相手にするCA(キャリア・アドバイザー)と、クライアント(求人を出す企業)を相手にするRA(リクルーティング・アドバイザー)がいて、通常分業しています。なのでCAとRAの連携がうまくいっていないと、エージェントを使っても求人票以上の情報は得られません。

そんな場合は担当CAを変えてもらうか、それはちょっと気が引けるという場合は他の転職エージェント会社を使いましょう。

その3:自分の今の相場感が分かる

転職エージェントは、今どんな企業がどういう人材を欲しがっているのか、そのトレンドを把握しています。その情報をふまえて今のあなたはどのくらいの市場価値があるのかを教えてくれます。

これによって、自分の希望条件のチューニングができるようになり、企業側の希望とのギャップを埋めやすくなります

その4:サボり防止になる

転職とは、誰に強制されているわけでもなく、仕事のように締め切りがある訳でもありません。なので、サボってしまっても怒られません。

転職活動は数ヶ月間はかかります。その間、モチベーションを維持しつつ活動を続けるのは強い意志が必要です。

ちょっと行き詰まってきたな、といった時にCAと会うことでよい刺激になり、また転職活動を続ける原動力になります。

その5:応募先企業との調整を代行してくれる

応募先企業からの連絡や面接日の日程調整など、結構煩わしかったりします。特に在職中で複数企業へ同時に応募している場合はなおさらです。

その点エージェントは「代理人」の名の通り、応募先企業との間に入って調整してくれるので、重宝します。

その6:書類の添削をしてくれる

書類選考をパスするコツは、次の2点に尽きます。

  • いかに相手の検索条件に引っかかる要素を盛り込むか
  • いかに会ってみたいと思わせるか

履歴書や職務経歴書というのは、同じ内容でも表現の仕方によって相手への”刺さり方”が違ってくると思っていて、ある程度テクニックでカバーできる部分です。

書籍を買って勉強するよりも、エージェントに直接見てもらったほうが手っ取り早いです。

その7:模擬面接してくれる

エージェント会社によっては、企業に応募する前に模擬面接してくれるところがあります。

予行練習になるだけでなく、面接時に自分は相手にどう見えているのかを知ることができます。

自分でも気が付かなかったクセや仕草を教えてくれるかもしれませんし、場合によってはこの企業ならもっとこういうところをアピールしたほうがいい、といったところまでアドバイスしてくれます。

模擬面接というのはあくまで練習なので、言ってみれば素振りです。最も経験値が上がるのは打席に立つこと、つまり本番の場数を踏むことです。

なので模擬面接を繰り返すよりも本番の面接を数多くこなしたほうがいいんですが、自信を持って場数を踏むために、最初のうちはこういった場を利用して少しずつコツを掴んでいくとよいと思います。

その8:不採用になったとき、フィードバックしてくれる

転職サイトから自分で直接応募した場合、不採用になってもその理由までは知ることができません。

そのため単に企業側の希望する条件とマッチしなかったのか、自分にミスや非があったのかが知りようがありません。落ちた原因が分からない状態って、かなりモヤモヤしますよね・・・。

前者の場合は割り切って次の会社を探すのみです。後者の場合、おかしな部分を改善していかないと、何度も同じ過ちを犯してしまいかねません。

一方、転職エージェントは企業側からその理由をヒアリングしているので、落ちた原因をCA経由でフィードバックしてもらえます

その9:癒される

ハッキリ言って、転職活動は疲れます。不採用が続くとさすがに落ち込みますし、ストレスも溜まってきます。そんな時こそ、エージェントが頼りになります。

エンジニア 35歳からの転職』という転職体験本の一節にこんなことが書いてありました。

とくに、35歳を過ぎてからの転職では、このメンタルな相談に乗ってもらうことが非常に重要な意味を持っているのです。なぜなら、それによって癒されるからです。


著書の伊藤靖氏は、システムエンジニアとしてなんと35歳から6回も転職していて、しかも年収500万から1300万までアップした人です。凄いですよね^^;

もちろん、CAの全員が親身になって相談に乗ってくれるとは限りません。伊藤氏も40歳過ぎてからの転職活動の際には20社もの転職エージェントに登録したそうです。そうやって出会いの確率を上げたおかげで、よいCAと巡り会えたんだそうです。

その10:年収交渉をしてくれる

過渡の期待は禁物ですが、まれに年収アップの交渉をCAがしてくれることがあるようです。

ドラゴン桜の著者である三田紀房氏が書いた『「売れ残る時代」の転職術』の中でも、

エージェントを使って転職した人は、使わなかった場合に比べて転職後の年収が高くなることもデータから明らかになっている。


という記載があります。まぁこのデータの出処が書かれていなかったので、本当かどうかは分かりませんが(汗)。

とは言え、CAが年収アップの交渉をする理由を考えてみると納得できる面もあります。

企業からエージェントに支払われる報酬は、転職者の年収の約35%と言われているので、転職者の年収が上がってくれたほうが自分の儲けも増えるので、エージェントとしても嬉しいという事情があるんですね。

なので、気兼ねなく年収アップ交渉してくれないか担当CAに相談してみるといいと思います。

以上が、転職エージェント10個のメリットまとめでした!

今回は転職エージェントのいいところばかり書きましたが、上手に活用するためにはデメリットについても把握しておく必要があります。そこで次の記事では転職エージェントのデメリットについて解説します!

関連記事一覧

第1回:転職エージェント(人材紹介会社)とは?
第2回:転職エージェントを使い倒せ!10個のメリットまとめ ←この記事
第3回:転職エージェントを使い倒せ!6個のデメリットまとめ
第4回:エンジニアこそ、エージェントを活用しよう
第5回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(最悪編)
第6回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(良かった編)
第7回:転職エージェントを使い倒せ!5つの活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加