どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(最悪編)

転職エージェントを使うにあたって、ネットの口コミ情報はどこまであてになるでしょうか?今回はよく見かける口コミを紹介しつつ、その傾向を考えてみたいと思います。

転職エージェントの口コミってあてになる?
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

数え切らないほどたくさんある転職エージェント会社。これから転職活動を行おうと思っている人にとって、「どこのエージェントが一番いいの?」というのが気になるのではないでしょうか?

個人的には、どこのエージェントがいいかはあんまり重要ではなく、いかに相性のいい担当CAと巡り合うかが重要だと思っていて、そのへんはこちらの記事で詳しく解説しています。

この記事では、会社単位の口コミではなく、どこの会社でもよく見かける口コミの中から「使ってみたら最悪だった!」というものをまとめました。やっぱりいい噂より悪い噂のほうが気になりますもんね^^;

最悪だった!口コミその1:門前払いを喰らう

サービスに登録したところ、「現在あなたにご紹介できる求人はございません」と回答されるケースです。転職回数が多い、年齢的に紹介できる求人がない、などの理由と思われるものの、具体的説明がない点がいただけません

一応、登録にあたっての注意事項として、こういうケースは紹介できないかも、とサイト上案内はしていますけど、機械的に断られると人間ですから嫌な気分になります。

例:リクルートエージェントの場合
<求人紹介やキャリアアドバイザーとの面談・相談サービスのご提供が難しいケース>

  • 新卒者など就業経験をお持ちでない方の求人
  • 一貫したキャリア、専門知識や経験を必要としない求人
  • 管理職経験が不要な管理職求人
  • コピーライター、インテリアコーディネーター、芸能関連の求人
  • 医師、教師、塾講師、販売店員、放送関連、公務員、非営利団体、公益法人の求人
  • サービスの職業:理容師、美容師、エステティシャン、調理、ホテル接客、ビル管理人、旅行添乗員など
  • 保安の職業:自衛官、警察官、消防官、警備員など
  • 農林漁業の職業:植木職、造園師など
  • 運輸・通信の職業:運転手、パイロット、車掌、郵便配達、電話交換手など
  • 生産工程・労務の職業:製造オペレーター、組立・修理工、整備士、設備運転士、清掃員など

最悪だった!口コミその2:マッチング精度が低い

自分の希望を伝えているのに、それとは関係ない求人を紹介してくるケースです。

これは業界知識の浅いCA(キャリア・アドバイザー)によくあります。

システム開発を例にとると、スマホアプリ開発をしたいと伝えているのに、スマホ用サイト製作の会社を紹介されたり、といったケースです。

同じスマホでも、やることが全然違うんですね。アプリ開発とサイト製作では。ちゃんと業界知識があるCAだと別物だと分かってくれますが、業界知識がないと、スマホというキーワードだけ見て同じだと判断してしまうことがあります。

最悪だった!口コミその3:不採用が続くと見限られる

何社かに応募して不採用が続くと、「この人は売りにくい」と思うのか、急に対応がトーンダウンするケースです。

こういう時こそCAからのアドバイスが欲しいのに、、、困ったものです。

最悪だった!口コミその4:希望を伝えても、採用されやすい会社をゴリ押しされる

とにかく数多く応募しましょう!といって、希望とは違う、採用されやすそうな会社ばかりを勧めてくるケースです。

キャリアチェンジしたくて転職活動してるのに、元の職種のままのほうが採用される可能性が高いために、「今の年齢からのキャリアチェンジは非常に難しいですよ」などと説得してくるパターンもあるようです。

最悪だった!口コミその5:連絡が遅い(1週間以上待たされることも)

メールで問い合わせても返信が遅い、あげくは応募した企業からの合否連絡すら遅れるというケースです。

転職活動は在職中であれ退職後であれ、短期決戦が望ましいです。それなのに連絡が遅いと思うような活動ができなくなります。

最悪だった!口コミその6:企業側とエージェントの連携がとれていない

CAからは「未経験者でも応募OKです」とか、「年齢制限はありません」と聞いたので応募してみたら、そんなことはなく落とされるというケースです。

何ともお粗末な感じですよね。

最悪だった!口コミその7:上から目線

とにかく態度が悪い、あからさまに自分の経歴見て見下している、などのケースです。

社員教育はどうなっているんだ!と言いたくなるくらいマナーのなっていないCAもいるようです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?こうやってまとめてみると、まったくひどいもんですね。。。

一番辛いのは、不採用が続くと見限られるケースとか、あなたの経歴じゃ希望してる仕事なんて見つかりませんよ、と上から目線で言われるケースではないでしょうか?

そんなこと百も承知だからエージェントに相談したいのに、と思います。

そんな時は、使えないCAのために時間を割くのはムダです。ただでさえ転職活動中は心身共に疲れているのに、貴重な時間を奪われるだけでなく精神的にもストレスが溜まってしまいます。

諦めずに探せば、親身になってくれるCAと出会えるはずです。そして自分の経歴でも採用してくれる企業も見つかるはずです。

根気よくいきましょう!

今回は転職エージェントの最悪だった口コミ情報を見てみました。

これだけ見ると、転職エージェントなんて使わないほうがマシ!って思っちゃいますよね^^;

次回は使って良かった!という口コミ情報を見ていきます!

関連記事一覧

第1回:転職エージェント(人材紹介会社)とは?
第2回:転職エージェントを使い倒せ!10個のメリットまとめ
第3回:転職エージェントを使い倒せ!6個のデメリットまとめ
第4回:エンジニアこそ、エージェントを活用しよう
第5回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(最悪編) ←この記事
第6回:どこまであてになる?転職エージェントの口コミまとめ(良かった編)
第7回:転職エージェントを使い倒せ!5つの活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加