転職サイトを使い倒せ!4つのメリット

企業の求人情報を収集するために、転職サイト(求人サイト)を活用しましょう。今回は転職サイトのメリットを4つあげてみました!

転職サイトのメリット
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職活動を行う上でお世話になるサービスは、転職サイト(求人サイト)と転職エージェント(人材紹介会社)の2つがあります。

そのうち転職サイトについて、今回は転職サイトを使った場合のメリットについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

その1:自分のペースで進められる

エージェントを使った場合と異なり、転職サイトは自分のペースで転職活動が行えます。

そのため、今すぐ転職はしないけど将来に備えて今から求人情報をチェックしておきたいといった場合にも使えます

実際、バク転が元いたシステム開発会社の同僚は、ほぼ全員転職サイトに登録していました。しかも転職するつもりはないけど、という人が大半でした。

転職が活発な業界ならではなのかもしれませんが、将来に備えて今からマイペースで準備できるのはこれからの時代、大きなメリットではないでしょうか。

その2:採用の確率が(ちょっとだけ)上がるかも

転職サイトに求人広告を出している企業は、運営サイトに対して広告費を支払っています。これは募集が来ても来なくても関係ありません。つまり固定費です。

さらに、転職サイト経由で人を採用してもしなくても、広告掲載費以上のお金は発生しません。エージェント経由の場合、採用が決まると企業はエージェント側に報酬を支払わなければいけません。

そのため、同じレベルの応募者が最終選考に残った場合、採用の決め手として余分なコストがかからない転職サイト経由で応募してきた人を採用する、というケースは実際に結構あるようです。

その3:ブラック企業を見分けられる

ブラック企業、というと言い過ぎなのですが、例えば離職率の高い企業や条件の悪い企業というのはある程度見分けがつくようになります。

転職サイトを数ヶ月使っていると、毎回ヒットし続ける企業というのが出てきます。どれほど景気のいい会社でもずっと人を採用し続けるほどの体力はありません。

なので、毎回検索にヒットし続ける企業というのは、人気のない職種なのか、あるいは離職率の高い企業であると判断できます。

その4:履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる

サイトによっては、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれるところもあります。利用はもちろん無料。

企業側は、あなたのことを知らずに書類だけで判断します。そのため同じように、あなたのことを直接しらない転職サイトの人が純粋に書類を見ただけで改善点をアドバイスしてくるのはありがたいですね。

これはエージェントに添削してもらうよりも、より客観的に指摘してもらえるかもしれません。

現在、添削サービスを行っているのは以下のサイトです。
[en]社会人の転職情報・・・レジュメコーチ
マイナビ・・・履歴書コーチ

以上、転職サイトのメリットでした!

関連記事一覧

第1回:転職サイト(求人サイト)とは?
第2回:転職サイトを使い倒せ!4つのメリット ←この記事
第3回:転職サイトを使い倒せ!4つのデメリット
第4回:転職サイトを使い倒せ!5つの活用のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加