退職願(退職届)の書き方・出し方

退職願(退職届)の書き方や出し方について解説します。

まず、退職と退職って何が違うの?
という人は、「退職願と退職届と辞表の違い」を参照してみてください。

退職願(退職届)のテンプレート(ひな形)

ネット上で検索すれば、退職願のテンプレートは山ほど見つかるので、
自分の好きなものを選んで使えばよいでしょう。

今回は、数あるテンプレートの中から一番分かりやすかったものをご紹介します。

退職願・退職届

引用元:退職届(退職願)の書き方|アデコ

<書き方のポイント>
① 冒頭に「退職願」と書く。「退職届」でもかまいません。
② 最初の行の「私は」は一番下に書く。「私事」「私議」などに代えても可。
③ 退職理由は「一身上の都合」とし、具体的な理由を書く必要はありません。
④ 退職日時を明記する。
⑤ 届出年月日は提出する日に合わせる。
⑥ 自分の名前の前に正式な所属部課名を付け、捺印も忘れずに。
⑦ 提出するのは上司でも、宛名は会社の最高責任者にする。「様」を忘れずに付ける。

細かいところが気になる人向けに、以下補足です。

  • ①について、退職願と退職届は意味合いが変わるので注意。
  • ③について、退職願(退職届)は、提出した日付(⑤)と退職したい日付(④)を明確にするものなので、退職理由は「一身上の都合」でよい。
  • 自分の名前(⑥)は、社長の名前(⑦)よりも下の位置になるように書く。
  • ⑦について、「様」のほか「殿」と書いてもよい。

よくある疑問

縦書か横書き、どっちがよい?
縦書が一般的なので、あえて横書のテンプレートを使用する必要はないと思います。
手書きかワープロ、どっちがよい?
ワープロだと手を抜かれている感じを受けます。
円満退社するためにも、下手でも良いので手書きがいいです。

退職願の出し方

まず、誰に出すのかというと、直属の上司になります。

ただし、実際には何の前触れもなく、いきなり退職願や退職届を渡すということはせずに、
最初は口頭で伝える人のほうが多いと思います。

また、間違っても直属の上司以外(同僚やさらに上の上司)へ
最初に打ち明けてしまわないようにしましょう。

直属の上司からしてみれば、自分を飛び越えてさらに上の上司に
退職の申し出をされた場合、部下の管理能力がないとみなされるからです。

嫌いな上司に一矢報いたいなら・・・

もし直属の上司と仲が悪かったり、その上司が原因で退職を決意したといった場合は、
わざと腹いせのために直属の上司を飛び越えてさらに上の上司に退職の話を持ちかける、
というケースもあるようです。

特に、直属の上司からセクハラやパワハラを受けているといった場合は、
直属の上司に話したところでラチがあかないでしょうから、
さらに上の上司に話を持ちかけるのがよいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加