転職理由の例:「スキルアップしたい」を徹底検証!

バク転がよくある10個の転職理由を勝手に徹底検証!
今回は専門知識を広めたい、スキルアップしたい、といった場合です。

転職理由:スキルアップ、しまくりたい。
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職理由を徹底検証する目的は、今の職場に残れるのならそれに越したことはないので、辞めずに済む方法はないかを考えようというものです。

詳しくは今の職場に残るという選択肢を読んでみてくださいね!

さて、検証するにあたって常に問いかけて欲しいのは次の2つです。

  • 「その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?」
  • 「その問題は、転職したら100%解決されるのか?」

では行きましょう!

その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?

スキルアップというと、幅広い知識を身につけることだと思いがちですが、一つのスキルをとことん突き詰めることもまた、意味のあるスキルアップだと言えます。

一つのスキルを突き詰めることで、「○○のことなら○○さん」というイメージが出来上がり、自分のブランド価値が高まります。また、あれこれ中途半端に手を出すよりも一つのスキルを極めたほうが、他への応用が効きやすいという話もよく耳にします。

実績を積んでいる今の職場のほうが、より深く業務全般を把握するようなポジションになれる可能性があるかもしれません。

新しい知識を吸収するだけがスキルアップではないということを踏まえつつ、転職することでどうスキルアップしていきたいのかを今一度検討してみましょう。

その問題は、転職したら100%解決されるのか?

転職活動をするときに、自分が目指す方向性をきちんと持って行動していけば、自分の希望とマッチする会社が見つかる可能性は高いんじゃないかなと思います。

市場の需要がないスキルだったりすると、見つけ出すまでに時間がかかるかもしれませんが、根気よく探していくことです。その間に転職後を見据えた勉強をコツコツやっていけば、必ず道は開けるはずです。

気をつける点があるとすれば、転職後も結局同じことをやらされるリスクくらいでしょうか。

自分は明確に目指すスキルアッププランがあって、それを面接時には理解してくれて採用されたとします。でもいざ配属されたら「前の会社でやったことあるんでしょ?」ということで結局同じ業務をやらされることがありがちです。

システム開発の例で言えば、.net系の仕事をずっとやっていて、java系の仕事をやりたいと思ったのでその条件で転職したのに、アサインされるプロジェクトがみんな.net系の仕事ばかりだった、なんて場合があり得ます。

てかシステム開発に詳しくない人にはよく分からない例えですね。。。別の例えをすると、ずっと醤油ラーメンを作ってた職人さんが、とんこつラーメンを作りたいと思って転職したら、結局転職した先のお店でも醤油ラーメン担当にさせられた、みたいな感じでしょうか。うーん、、余計分かりにくいか、、すみません(苦笑)

その他の転職理由について

他の転職理由についても、検証しています。

こちらの記事に一覧とまとめを書きましたので、よかったら読んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加