転職理由の例:「セクハラ・パワハラを受けている」を徹底検証!

バク転がよくある10個の転職理由を勝手に徹底検証!
今回はセクハラやパワハラを受けている場合です。

転職理由:セクハラ、パワハラ。
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職理由を徹底検証する目的は、今の職場に残れるのならそれに越したことはないので、辞めずに済む方法はないかを考えようというものです。

詳しくは今の職場に残るという選択肢を読んでみてくださいね!

さて、検証するにあたって常に問いかけて欲しいのは次の2つです。

  • 「その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?」
  • 「その問題は、転職したら100%解決されるのか?」

では行きましょう!

その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?

セクハラやパワハラは本当に困った問題です。もし精神的に苦痛で病んでしまいそうなら、まずは一人で悩まずに相談窓口を頼りましょう。

ただ、こういう問題は相手のほうが社内的立場が上のことが多く、問題が明るみに出てもうやむやにされてしまうこともあるようです。まったく、腹立たしいですね。

そして仮に相手に処罰が下されて問題が解決しても、何となく職場に居づらくなってしまう可能性もありそうです。そのため悔しいですが、いっそのこと転職してしまったほうが精神的苦痛はなくなると思います。

その問題は、転職したら100%解決されるのか?

残念ながら、転職先ならセクハラ・パワハラが絶対に起きないという保証はどこにもありません。

そのため、それだけを転職理由にしてしまうと、相手の面接官に「うちの会社でも仮にセクハラ、パワハラされたらすぐ辞めてしまうんだろうか?」と思われてしまうかもしれません。

だからといってまったく別の転職理由をでっち上げてしまうと、必ずどこかで話の一貫性がなくなってしまい、転職理由として弱くなってしまうので、個人的には正直に話したほうがよいと思います。

そして、「キッカケはセクハラ・パワハラだったけど、これを機に自分の成長につながるような会社を探していたところ御社に興味を持ちました」的な感じでポジティブな理由を付加してあげれば、転んでもただでは起きないたくましい人だ、という印象をバク転なら受けます。

あと、もしかしたら業界や職種によって起きやすい、起きにくいがあるかもしれません。

バク転の友人に、不動産屋の営業をやっている奴がいるんですが、その会社では営業ノルマを達成できないと胸ぐら捕まれビンタされるそうです><。結構タフな友人なんですが、それでもしばらくして転職していました。バク転は軟弱者なんでそんな会社は一日たりと持ちません(涙)

システム開発の現場は過酷だとよく言われますが、それでも職場でぶん殴られてる人を見たことは一度もありません。

なので、思い切って他の業界や職種への転職も検討してみるのもありかもしれませんね。

その他の転職理由について

他の転職理由についても、検証しています。

こちらの記事に一覧とまとめを書きましたので、よかったら読んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加