転職理由の例:「人間関係に不満がある」を徹底検証!

バク転がよくある転職理由を勝手に徹底検証!
今回は上司がワンマンすぎる、同僚との出世競争に嫌気がさす、職場でのいじめ、などの場合です。

転職理由:アイツが、気に食わない。
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職理由を徹底検証する目的は、今の職場に残れるのならそれに越したことはないので、辞めずに済む方法はないかを考えようというものです。

詳しくは今の職場に残るという選択肢を読んでみてくださいね!

さて、検証するにあたって常に問いかけて欲しいのは次の2つです。

  • 「その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?」
  • 「その問題は、転職したら100%解決されるのか?」

では行きましょう!

その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?

一番の理想は、どんなに嫌であっても仕事と割り切って付き合っていくことです。まぁ、それが難しいからこそ転職しようかと思い悩んでしまうわけですが(汗)。

あとは、味方になってくれる人を見つけることです。一人でも理解してくれる人がいるのといないのでは精神的負担に大きな違いがありますから。

次に、もし会社がある程度の規模なら、部署異動によって問題を回避できないか検討してみましょう。「そんなの面倒くさい・・・」と感じるようなら、転職はやめておいたほうが無難です。転職のほうがもっと面倒くさいですから。。

その問題は、転職したら100%解決されるのか?

単刀直入に言うと、人間関係の問題はどこに行ってもついて回るもので、転職しても100%解決されないでしょう。

どこに行っても気に食わない人が一人や二人いるものだからです。ですので本来なら、嫌な人が一人もいない職場を探し求めるより、嫌な人がいても何とかやり過ごす方法を身につけたいものです。

というのが理想論ですが、どうしても我慢できないほどの不満を感じてストレスで病んでしまうくらいなら、転職したほうがマシだとバク転は思います。

辛い現状から逃げ出すということも、自分を守る上では大事な選択肢のひとつだと思うのです。

ただしその場合、相手のせいにしないことです。それは別に善悪の問題ではなく、相手のせいにしてしまうと自分で状況を改善する余地をなくしてしまうためです。

自分にも非があるのだと認めるということは、その部分を自分次第で良くするチャンスがあるということだと思います。そしてその部分は次の職場では変えていければ、未然にトラブルを防げるようになるかもしれません。

また、人間関係が原因で転職する場合は、転職先の会社も「うちに来てもらってもまた人間関係で辛くなったら辞めてしまうのかな?」と心配するでしょうから、納得の行く理由を考えておく必要があります。

その他の転職理由について

他の転職理由についても、検証しています。

こちらの記事に一覧とまとめを書きましたので、よかったら読んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加