転職理由の例:「会社の将来性が不安である」を徹底検証!

バク転がよくある10個の転職理由を勝手に徹底検証!
今回は業績が思わしくない、給与が減額されて先行きが不安、経営層がグダグダでまとまりがない、などの場合です。

転職理由:この会社、だいじょぶか?
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職理由を徹底検証する目的は、今の職場に残れるのならそれに越したことはないので、辞めずに済む方法はないかを考えようというものです。

詳しくは今の職場に残るという選択肢を読んでみてくださいね!

さて、検証するにあたって常に問いかけて欲しいのは次の2つです。

  • 「その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?」
  • 「その問題は、転職したら100%解決されるのか?」

では行きましょう!

その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?

会社の将来性に疑問を持ち始めたのは、あなたが社会人として成長したため、会社の経営や中身がよく見えるようになってきた証かもしれません。

会社に愛着があるのなら、業績不振を打開するために他の社員と一丸となって何か取り組むのが理想といえます。仮にそれがうまくいかず会社の業績が上向かなかったとしても、そのチャレンジが転職時に絶好のアピール材料になるはずです。

または、会社への依存心から不安に感じているのかもしれません。潰しのきくスキルを持っているわけでもないため、会社が潰れたら路頭に迷ってしまう、というのなら、まずはいつ会社が潰れても大丈夫なように、在籍しているうちに自分のキャリアプランを考えて行きましょう。その場合、転職サイトで自分の相場を把握したり、転職エージェントを使って第三者からみた自分の市場価値を確認するとよいと思います。

その問題は、転職したら100%解決されるのか?

会社がもうホントに潰れそう、、、といった状況なら、他の企業へ転職することで問題は解決されると思います。

ただ、どんな企業でも順調な時もあれば不調の時もあります。面接官に「うちに来ても、業績が悪化したら転職してしまうのかな?」と思われないように準備しておいたほうがよいでしょう。会社が辛い時期に逃げ出した、という変な誤解を与えてしまわないようにしましょう。

また管理職や経営に近いポストにいて、転職後も同様のポジションを目指しているなら、自分の責任の範疇において業績回復を図れなかったのか、試みた施策やだめだった理由を考えておくとよいかもしれません。

その他の転職理由について

他の転職理由についても、検証しています。

こちらの記事に一覧とまとめを書きましたので、よかったら読んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加