転職理由の例:「昇進・待遇に不満がある」を徹底検証!

バク転がよくある10個の転職理由を勝手に徹底検証!
今回は、こんなに頑張ってるのに会社が評価してくれない、やりたい仕事をやらせてもらえない、などの場合です。

転職理由:頑張ってるのに、報われない。
こんにちは!転職キックオフ管理人のバク転職人です。

転職理由を徹底検証する目的は、今の職場に残れるのならそれに越したことはないので、辞めずに済む方法はないかを考えようというものです。

詳しくは今の職場に残るという選択肢を読んでみてくださいね!

さて、検証するにあたって常に問いかけて欲しいのは次の2つです。

  • 「その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?」
  • 「その問題は、転職したら100%解決されるのか?」

では行きましょう!

その問題は、今の職場ではどうしても解決できないのか?

まず、会社が評価してくれない場合について。本当に自分は、評価に値する価値を会社に提供できているのか考えてみましょう。

もしかしたら会社側は今のあなたの年齢や経験を考慮した場合、もっと高いレベルの成果を期待しているかもしれません。このあたりで認識のギャップがありそうなら、いきなり転職してしまう前に上司と相談してみたほうがいいでしょう。

次に、やりたい仕事をやらせてもらえない場合について。もし、先輩や上司に自分の思いをまだ伝えていないのであれば、積極的にアピールしてみることです。

バク転の場合、同じプロジェクトへの配属が長期化していた時があり、自分の成長にもつながらないと感じていたので何度か異動したいとアピールしたことがあります。それでもなかなか変わらなかったので、これ以上続くなら他の会社探すしかないです、みたいなことを話したら異動できた経験があります。

その問題は、転職したら100%解決されるのか?

昇進や待遇アップを目指した転職の場合、自分はどんなことができて、相手の会社にどんな貢献ができるのかを効果的にプレゼンしていくのが大事になってきます。

また、自分の希望を明確にしておき、企業選びも妥協しないようにしましょう。そうしないと、せっかく転職したのに前の会社より待遇が悪い、なんてことにもなりかねません。

また、転職してまったく知らない人だらけの環境で、自分の業績を正当に評価してもらえるようになるまでにはかなりの時間を要すると覚悟しておいたほうがいいでしょう。

なぜなら、転職先でも生え抜きの社員たちが出世を目指して日々切磋琢磨しているからです。

転職したら、中途採用とはいえその会社では「新入社員」なわけです。新たに信頼関係を築き、実績を積み重ねていく必要があります。

その覚悟があるのなら、一度はポジションや担当の仕事のレベルが下がったとしても長期的に見れば十分挽回できると思います。

その他の転職理由について

他の転職理由についても、検証しています。

こちらの記事に一覧とまとめを書きましたので、よかったら読んでみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加