退職時の雇用保険(失業保険)に関する手続き

退職時の手続きのうち、「雇用保険(失業保険)」について解説します。
退職してから転職活動を行う場合はハローワークで手続きをしましょう。

まず、転職先が決まっている人の場合は、再就職先で雇用保険に加入するので、
特に自分で手続きする必要はありません。

退職してから転職活動を行う人は、
会社から必要書類が届いたら一日でも早くハローワークで手続きしましょう。

というのも、失業保険の支給が開始されるのは
退職した日ではなくハローワークで申し込みを行った日が基準となるため、
手続きが遅れるとそれだけ支給開始日も遅くなってしまいます。

失業保険の受給条件

失業保険の詳細については、別途詳しく解説しますが、
ここでは失業保険(失業給付または基本手当)をもらえる条件を確認しておきます。

  • 1年以上雇用保険の被保険者であること(会社都合で辞める場合、半年以上)
  • 積極的に働く意志と能力があるにも関わらず、就職できない「失業状態」にあること
  • 手続き期限は退職日の翌日から起算して1年以内

注意が必要なのは、病気やケガ、妊娠、出産などで退職する場合は、
すぐに就職ができないので失業保険は受給できませんが、
手続き期限を最大4年まで延長することができます。

手続きに必要なもの

ハローワークには、次のものを持っていきます。
・離職票ー1
・離職票ー2
・雇用保険被保険者証
・印鑑
・本人確認書類
・写真2枚
・本人名義の預金通帳
・船員だった人は船員保険失業保険証および船員手帳

離職票の1と2は、雇用保険被保険者証は退職すると会社から受け取ります。
特に離職票の1と2は、失業保険をもらう人限定で必要になってくる書類なので、
退職時に忘れずに確認しておきましょう。

また離職票は会社を辞めてから数日後に送られてくるので、
それを受け取った後にハローワークでの手続きを行います。

【離職票ー1】
離職票ー1

【離職票ー2】
離職票ー2

【雇用保険被保険者証】
雇用保険被保険者証

このエントリーをはてなブックマークに追加