退職願と退職届と辞表の違い

退職願、退職届、辞表。呼び方が色々ありますが、その違いは何なのでしょうか?

言葉の定義と、実際辞める時はどれを選べばよいのか解説します。

退職願

退職願は、会社に対して、退職したいという希望を伝えるものです。

ニュアンス的には、「私は会社を退職しようと考えていますが、どうでしょうか?」
打診しているようなイメージになります。

そのため、退職願を出しただけでは退職できるかどうかは確定しておらず、
会社側がそれを受け取っても、承諾してくれない限り退職はできません。

また、やっぱり退職は考え直したいといった場合、退職願であれば撤回ができます。

退職願を出して、会社側が承諾した場合、
改めて退職届の提出を求めるられることもあります。

退職届

退職届は、退職の意志を会社に伝える最終的な意思表示になり、
会社に提示した段階で効力が発生します。

ニュアンス的には、「私はもう退職する意志を固めたので会社を辞めます」
宣言しているようなイメージになります。

そのため退職届を提出した場合、撤回できません。

また、会社側の引き止めにあって退職届を受理してくれなくて困っている、
という書き込みをネット上でも目にすることがありますが、
法律上は労働者側が退職の意志を示した段階で効力は発生するため、
受理されなくても会社は辞められます。

辞表

辞表とは、役職のある人や公務員が辞めるときに使います。

テレビドラマなどで、
辞表と書かれた封筒を上司の机に叩きつけて
「こんな会社辞めてやる!」みたいなシーンを見たことがあるかもしれませんが、
ヒラ社員の場合、書くのは辞表ではなく退職届なのでご注意を。

現実的には、上司に確認しながら進める

会社によって事情は異なるかとは思いますが、
退職願にしても退職届にしても辞表にしても、
一筆書く前にまずは直属の上司に退職希望の旨を口頭で伝える、
というのが多いんじゃないかなと思います。

そこで合意できたら、後は社内手続きの慣例に従って進めていけばよいでしょう。

会社によっては所定のフォーマットがあったりするので確認してみるとよいです。

ちなみにバク転が会社を辞める時は、
直属の上司へ一番最初に相談しに行った時は、手ぶらでいきました。

そして何度か引き止めにあったりしながら、最終的に合意した後、
じゃぁ退職願と退職届を書いて持ってきて、と言われました。

うちの会社の場合、両方書く必要があって、フォーマットも決まっていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加