【リクナビNEXT】スカウトメールの種類について

転職サイトのサービスのうち、よく利用されるのがスカウト機能です。リクナビNEXTには3種類のスカウトメールがあります。それぞれどんな時に送られてくるのかまとめました!

リクナビNEXTのスカウト機能を有効にしていると、こんな感じでスカウトメールが送られてきます。

リクナビNEXTのスカウトメール

オファーの種類は3種類あって、それぞれスカウト度合いの温度差が違うので、ひとつずつ解説していきますね。

リクナビNEXTのスカウトメールの種類

オープンオファー

自分が登録した情報(職歴や勤務地など)と、企業側が設定している検索条件とが合致した時に求人情報の案内が届きます。

機会的にマッチングしているだけなので、企業側が大雑把に条件設定していれば届きます。

ちなみにバク転はIT・WEB業界の人間で、業界を変えるつもりはないのですが、普通に不動産の営業職などのオファーが来ます(苦笑)

興味通知オファー

企業側が私たちのレジュメを見て興味を持った時に送られてきます。

私たちのほうからも興味があると返信をすると、企業が正式にオファーしたいと思ったときに面接や説明会の案内がきます。

ですが、、、正直このメールの位置づけがよく分かりません(汗)

「興味ある」と返信しても、その後企業側が正式にオファーしたいと思わなければそれっきりですし。。。

もし本当に興味があったらメールに返信しつつ、こちらから応募しちゃってもいいと思います。

プライベートオファー

企業側が私たちのレジュメを見て「この人よさそうだな、会ってみよう」となった時に送られてきます。

企業側はレジュメを確認済みなので、オファーに返信をすると書類選考はパスされいきなり面接からスタートできます。

「スカウト」という名前から連想する形に一番近いメールですね。

ただ、口コミなどを見ていると全く問題がないわけでもないようです。

例えば、書類選考はないはずなのに、書類の提出を求められたり、本当に企業側が見ているのか(リクナビNEXTに代行させているんじゃないか)と疑いたくなるようなケースもよくあるようです。

スカウトメールがきたらどうすればいい?

スカウト機能は求人検索の1手段と思っていたほうがよいです。

登録したてのころはプライベートオファーが来るとちょっと嬉しい気持ちになるんですが、文面などを見てみるとオープンオファーとあんまり変わらず、機会的に送ってるんだろうなーと感じるメールが多いです。

「あれ?ホントに俺のレジュメ確認したの!?」と言いたくなるようなプライベートオファーメールもよくあります。

なのであんまり期待し過ぎないほうが無難です。

じゃぁスカウト機能は利用するだけ無駄なの!?というとそうでもなくて、自分では検索しきれなかった求人情報を知る機会としては非常に重宝します。

あ、こんな求人もあったんだ!

といった発見ものもあるので、是非活用してみることをおすすめします。

リクナビNEXTの解説ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加